原理に帰りましょう

真のお父様の御聖和以降、混迷する統一教会(家庭連合)。
もう一度我々は、原理とお父様のみ言に立ち返ろうではないか。

メシヤは、「道であり、真理であり、命である」

2017-01-25 18:10:24 | サタン屈服の唯一の道は原理に帰ること
 復帰摂理の目的は、究極的には人間自身がその責任分担として、サタンを自然屈伏させ、それを主管し得るようになることによって成就されるのである。イエスが、人間祖先として、メシヤの使命を負うて来られたのも、サタン屈伏の最終的路程を開拓し、すべての信徒たちをその路程に従わせることによって、サタンを自然屈伏させるためである。(中略)今日の信徒たちもまた、その路程に従って歩み、サタンを屈伏させることによって、それを主管するようになるのである。(原理講論 後編第二章 モーセとイエスを中心とする復帰摂理)

 と、原理にあるように、堕落によってサタンの主管下に落ちてしまった私たちは、自らの責任分担によってサタンを自然屈服させ、本然の位置を復帰しなければならないのです。
 しかし、サタン屈服の道はサタンの血統下にある堕落人間自身の力では絶対に不可能です。そこでサタンと関係のない本然の神様の血統を持って来られたメシヤが、サタン屈服の最終的路程を切り開いて下さり、私たちはメシヤに従って同じ路程を歩むことによってサタンを屈服させることができるのです。

 イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。(ヨハネ14章6節)

 とあるように、メシヤはその実体が「み言」です。メシヤが歩まれた人生そのものが、サタン屈服の「道」であり「真理」なのです。

 お父様は興南監獄においても、ダンベリー刑務所においてもみ言を一言も語らずに、生活の中の実体で、囚人たちを屈服させていかれました。最初は「ヘイ、ムーン」と馬鹿にしてお父様を呼んでいた囚人たちも、お父様の真の愛に触れていく中で、「レバレント・ムーン」となり、最後は「ファーザー・ムーン」と呼ぶようになりました。
 お父様は、実体そのものが、生活そのものがサタン屈服の「み言」だったのです。

YouTube版はこちらをクリック⇒原理に帰りましょう20「サタン屈服の唯一の道は、原理(み言)に帰ること」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 億万のサタンと闘い、勝利さ... | トップ | 神の命のみ言により、神に対... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。