原理に帰りましょう

真のお父様の御聖和以降、混迷する統一教会(家庭連合)。
もう一度我々は、原理とお父様のみ言に立ち返ろうではないか。

神様の愛を中心とした新しい愛の革命

2016-09-19 14:37:24 | 最後の宗教の使命は、「愛の革命」の成就
 前回、「今、時代が求めているのは最後の宗教」と題して、何度か記事を書きました。今回はその内容を受けて、これから私たちはどうしなければならないのか、という観点からさらに考えてゆきたいと思います。

 はじめに、お父様のみ言をみてみましょう。

 神様の愛を中心とした新しい愛の革命であるべきです。しかし、その愛の革命は、世界の他のどの革命よりも人間にとって最も難しく大変なことです。皆さん、考えてみてください。愛の革命は、自己中心の人間的愛から神様を中心とした神様的な愛に転換させる神様の革命を言うのですが、その仕事はどれほど大変でしょうか。しかしこの革命は神様だけでなく、私たち人間にも絶対に必要な運動です。歴史始まって以来神様と全人類が待ち望み、希望してきたその理想を実現することが、まさにこの愛の革命を通して可能になるからです。 (『祝福家庭と理想天国』  韓国語版 p.546)

 通常「革命」と言えば、フランス革命やロシア革命といった、力による政治体制の変革を思い浮かべます。また、産業革命と言われるような、技術革新による生活上の大変革もあるでしょう。

 しかしお父様は、人類に絶対的に必要なのは、そのような外的な革命以上に神様の愛を中心とした愛の革命だとおっしゃるのです。そして、その革命は他のいかなる革命よりも難しいと言われます。なぜかと言えば、それは、単なる政治・社会生活上の外的変革でなく、人間の心の方向性を180度転換させることであり、人類歴史が始まって以来、すべての人間の心に深く根付いて多くの不幸をもたらしてきた「自己中心性」を克服することだからなのです。

YouTube版はこちらをクリック
    ⇒原理に帰りましょう18「最後の宗教の使命は、神様の心情を体恤させて愛の革命を成就すること」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 燃えあがる信仰の炎が、私の... | トップ | 神様は原理以上に愛を尊ばれた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最後の宗教の使命は、「愛の革命」の成就」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。