玄語

玄音の弟玄です。日々感じている事、考えている事を語っていきます。そんな弟玄が語る”玄語”です。よろしく。

”霊化”しないために

2017-07-16 18:17:23 | Weblog



この1ヶ月。
テレビから聴こえてくる言葉のおかしさ、おぞましさにまるで何か怖いホラー映画でもみてるような気になってくる。本当にどうかしている。人間がいなくなってしまっているのか。これは霊界か。そうか、テレビは霊界を写しているのかもしれない。しかしその霊界がある意味、社会を動かしているといえる。それほどの影響力。今、いよいよやばいと感じている。テレビを飾る二大キャラクターとしての政治家と芸能人。両者とも、自分の正体を明かし始めている。隠せなくなっている。それはそれでいいことです。ただ、正体を明かす際に出てくる言葉。この言葉があまりにひどい。これをずっと聞いているうちに感覚が狂い、体もおかしくなってくる。穢れを撒き散らして、正体を明かしてるかのようです。

穢れを祓うにはどうしたらいいのか。
それは”みそぎ”しかない。禊。

古神道でいう禊には二つの意味がある。ひとつには一般的な水行(みそぎ)。これは水により体を清めて、内面も清めることにある。もう一つが極めて重要である。それは耳注ぎ(みそぎ)である。音霊のことである。こちらは秘儀として伝わる。こちらのみそぎは耳の感覚を整えることにある。大祓詞や古事記の音読、神名を唱えることや、または万葉集など、清い心がありのままに表現された言葉にふれることで、成せるという。これだけ異様な言葉が氾濫する今の時代である。耳は自分で遮断できない特別な感覚器官である。生きる上で最も重要な情報を耳から得ているともいえる。1日に1度は必ずこの耳注ぎ(みそぎ)が必要である。正しい言葉にふれること。正しい言葉を発する人の表現を耳にすること。またそういう音楽を聴くことである。

時には遮断することも必要である。これはテレビだけでなく、インターネットなどスマホの遮断も必要かもしれない。何かにとらわれて動いてる状態は霊そのものである言う人もいます。今、そういう意味では大多数の人が、”いま、ここ”におらず、ネットワークの先か自分の思い込みに囚われて、徘徊している”霊化”している人間が溢れている気がする。”霊化”しないためにも”みそぎ”や遮断が本当に必要になってきている今の時代です。ちょっと本気になって考えてみなくてはいけない程の状況になっていると感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いきどおる心」 | トップ | 聖なる存在を考えること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL