玄語

玄音の弟玄です。日々感じている事、考えている事を語っていきます。そんな弟玄が語る”玄語”です。よろしく。

人間性の探求

2017-02-13 18:47:31 | Weblog
疎外されたこの社会体制。どこで何をしていても疎外状態に陥る。この状態をいかにして超えるのか。この不自由をいかに自由にしていくのか。

疎外について最も考え、疎外という現象を分析・探求したのはあのマルクス。そのマルクスが求めていたことは「いかにして人間的自由を実現するのか」と知り、また同時に「人間性の解放」が研究の土台にあったと知り、何かハッとするものがあった。「人間性の解放」とは疎外からいかにして解放されるかと同義として考えられていたこと。「人間性の解放」という表現の真意に一歩近づけたこと。結構目からウロコでした。

こういったことをあるハンガリーのマルクス研究者の本から知る。ハンガリーの学者は独特の視点を持っている人が多く、注目に値する。天才中の天才といわれるフォン・ノイマンをはじめとして、暗黙知のマイケル・ポランニーやその兄で人間の経済について考えたカール・ポランニー、そしてマルクス主義のルカーチなどなど。どの学者もみな人間性についての独自性がある。独自性というよりも人間性の真理に明るいのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最悪より最低 | トップ | 10年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL