熨斗(のし)

のし(熨斗)について、趣味について、色々なことを綴っていきます

鳳来寺山

2015-02-28 22:58:45 | 

愛知県新城市にある鳳来寺山は標高695mの山で、信仰の山です。

毎年春先、信州の山はまだ雪に覆われ、3月の声を聞くと雪崩の心配もあり・・・・、

なので、この時期には愛知県や岐阜県の山に行く事にしています。

今年で4年目の鳳来寺山の春

もう、桜が咲いていました。

長野県から出ると季節はもう春めいていて、鳥の声も何だか明るく感じます。

 

表参道の1300段近い階段を上ると汗がしたたり落ちて来ます。

この汗がかきたくてわざわざここまで来ていると言っても過言ではありません。

冬の間凍えた体を一気に暖めてくれます。

そして呼吸の激しさで、冬の間の運動不足を感じる事が夏山への準備。

 

石段の途中、仁王門に着きました。

一昨年は父ともくぐったこの門、今年は「こんにちは、今年も会えました」と声をかけて通らせて頂きました。

毎年同じことが出来るっていう事が、これほど幸せな事だという事を、若いうちは感じた事がありませんでした。

私たちの年になると、親の健康状態のみならず、自分自身の健康も危うくなって来るもので、

腰や膝が痛いとか、けがや病気をしたとかで、山に行けなくなって行く事が多いからです。

又、ほんのりと春めいた鳳来寺の階段を、一気に駆け上がる事ができたしあわせ・・・・。

病気になる前に実感した方がいい!!

 

鳳来寺本堂に到着しました。

この辺りの山は東海自然遊歩道に含まれているので、道も綺麗に整備され歩きやすいです。

慣れた道のりは気持ちも軽く

(あぁ・・去年と変わらない風景、変わらない石、変わらない石仏・・)

 風景の一駒一駒が懐かしい。

 

眼下に見る鳳来寺町の町並み

春になると黄砂や花粉で霞がかかり、天気の良い時は特に風景が見えないのが残念ですが、

展望台からの風景は絶景です。

 

山頂には数人の登山者が昼食を取っていました。

周回コースで、東照宮の方に出ます。

山頂から約1時間半、東照宮が眼下に見えて来ると胸の鼓動が高まります。

88歳の父がこのコースを歩いて、まだかまだかと約5時間

見せて上げたかったのはこの東照宮

それも、父には上からみたこの東照宮ー「ようやく着いた東照宮」

 

どうしても「楽」を求めてしまいがちな日々

でも、「楽」の後は感動も少なく、同じ風景でも色褪せて見える。

汗を流して歩いた後の水一杯、求めて努力した後の到着点。

それらが心に感動をくれるから、敢えて楽を避けたい・・と日々思う。

 

お年を召した人たちには、違った意味で意味深い東照宮やヒノキの大木。

   

杖を突いて背筋を伸ばし、東照宮の参拝に向かう老紳士

大きな檜に手を当てて、「このエネルギーを頂こう・・」と言っていた老夫婦

来年も行けますように・・・。

ちっちっと啼く鳥の声に、慌ててカメラを向けると、首筋の赤いウソが枯れ枝に止まっていました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の八島湿原

2015-02-23 18:42:26 | 風景

夜になりました。

待望の星空がちょっと見れました。

ステキな星空に出逢えて良かった。

次の日の朝、世界は真っ白。

夕べの星空は奇跡的・・・、夜半過ぎからは雲が張り出してきて空も白くなり、

朝起きたらこの通り、昨夜の積雪10cmは越えてるかも?つららの長さも半端じゃないです。

  

真っ白な雪の上をスノーシューで歩いてみました。

さくさくという新雪の音はいい音です。

  

長野県でも南の人間は雪に慣れていないので、雪道の運転は恐怖です・・・が、

雪の多い地域の人たちにとってはこんな程度の雪は何ともないらしく、顔色一つ変えずにいつものペースでお仕事。

    

こんな雪の世界も、もうすぐ見られなくなると思うと、ちょっと寂しい・・。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の八島湿原

2015-02-21 19:38:30 | 風景

八島湿原です。

和かんじきを履いて歩きます。

最近、スノーシューやワカンもいろんな種類があり、履き方がなかなか難しいです。

スノーシューで歩いた後は道になっているので歩きやすいのですが、実際は結構深い雪に覆われた八島湿原でした。

 

足跡一つない雪原に木々の影が長ーく伸び、

心が洗われっるような非日常的な風景に出逢えて感激でした。

ウサギの足跡だね。

 

夕日が真っ白な雪に反射して眩しい・・。

  

星空が見られますように・・・・!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の飯田市

2015-02-17 18:02:43 | 飯田・下伊那

南信州はこの冬数回の雪

昨年のように大雪はないものの、週一くらいのペースで雪が降ります。

桜の木が真っ白になって、きれいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安曇野―早々春 2

2015-02-15 17:53:07 | 風景

安曇野の続きです。

御宝田の白鳥池には大勢のカメラマンが集まっていました。

 

ハクチョウはたくさん撮ったし・・・、

湧水に泳ぐカモたちやオシドリなどを見ながら、又歩いてわさび園まで帰ります。

この鳥は何?

カワウみたいな羽だけど、首から上が白い・・。調べてみないと。

安曇野はどこも絵になります。

桜、道祖神、北アルプス、湧水

何回来ても、又行きたくなります。

蝶ヶ岳付近に日が沈み、暗くなってきました。

半日かかって安曇野探訪ー楽しかったなぁ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加