熨斗(のし)

のし(熨斗)について、趣味について、色々なことを綴っていきます

ひとりごと(力強さの源)

2017-11-28 21:13:34 | ひとりごと

父は木彫を趣味にしている。

先日、何かの作品展に出品したら、非常に良い成績を収めたという事で表彰されたみたいだった。

その作品が不動明王と題したこの作品。

高さ70cmほどあるこの木彫は、丸太を掘って作ったものだった。

審査員の方々の評には

「91歳という高齢なのに、作品はエネルギッシュで見応えがある。丸い木を彫り出して、これだけの形を作り出すことは

とても苦労されたと思う。」

「・・・木を彫っていくというけっして楽ではない作業に向かって、表現していこうという意思は素晴らしいと思います。

こちらが背筋を正したくなる作品と出会う事ができました。」

「力強さ、優しさが感じられます。

何とも言えない生きる力を感じます。

作品への熱意と造形に作者の喜びを感じる」

など、様々な方々からのお褒めの言葉を頂き、表彰式の日の夕食時には照れくさそうに

「おれが年寄りだもんで褒めてくれたんだら。」

と言っていた父。

 

今年の夏、

父の足で約50分ほど登った山の中腹にある、山の寺の不動明王を見に行った。

大きな一枚岩に掘られた不動明王で、是非とも父に見せてあげたかった。

 

もちろん父は写真も撮らず、このわずか数分不動明王をじっと見つめただけだった。

作品が展覧会から帰ってきて見た時、この作品はこの時の不動明王だと初めて知った。

そして、多くの人に評して頂いた「力強さ」はきっとこの話を聞けば頷けるに違いないと思う。

 

もう一つの作品「豊穣」は米俵の上で鶏の親子が遊んでいるところだけれど、

私は「やさしさ」を感じる。

親の作品とはいえ、いい作品を見せてもらったという気持ちは審査員の方たちと何ら変わらない。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりごと(こどもの日)

2017-04-30 21:20:23 | ひとりごと

明日はもう5月。

端午の節句はもうすぐです。

家にある5月人形の一部と、鎧兜を飾ってみました。

昭和の物、大正時代の物、明治末期の物、

とくにこの一番小さな甲冑は感心するほど良くできている。

大きなものと並べてみても、存在感で引けをとらない。

明治末期から大正初期に作られたと思われる物のようです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりごと(さくら)

2017-04-16 20:40:47 | ひとりごと

ここ数年、南信州の、ありとあらゆる桜の写真を撮ってきた。

特にここ南信州は一本桜が多い。

あちこちに立派な桜があり、

今や、どこに行ってもカメラマンがいて、

SNSやFacebookや雑誌に紹介されていて、

画像がグルグル回っている。

桜を撮るには青空でなくちゃダメ、とか、どの角度が一番きれいに見えるか、とか

この時間に行かなくちゃとか、

桜を愛でる純粋な心がなくなってきた。

 

父の生まれ故郷の家を壊す事になった。

過疎の集落で、もう人が住んでいない。

誰も住んでいなかった家なのに、いざ壊すとなると寂しいもので、

そんな日の来ることは、父が一番よく知っていた。

山の中の、

鹿やタヌキやイノシシが住人の様に歩き回っているこの土地が、

数年もすると雑木林に変わっていく事は、

言葉にこそ出さないまでも、誰もが感じていた事だった。

 

十数年前、

父が桜を植えたのは、

桜の根元に一つの石碑を立てたのは、

誰も行かない山の中でも、

1本の桜が生き続けてほしいと思う気持ちからだったと思う。

この地に人が生きたという証を、

残したかった。

それだけだと思った。

 

石碑には

「布る里の(ふるさとの) 峪のこだまに今もなほ 籠りてあらむ母が筬(おさ)の音」

「さと恋えば、見ゆる恵那山 霞む谷」

と、父と弟が詠んだ句が刻まれている。

山道を上って、上って、

家の跡地の近くまで行ったとき、満開のピンクの花が見えた。

満開に咲いた桜を見た時に、涙が出た。

忘れていた感情を思い出した。

 

どの桜も、

どの一本桜も、

どんな気持ちで植えられたのだろう。

どれほど長くその地を守り続けたのだろう。

忘れちゃだめだった。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりごと(朝の月)

2017-04-15 22:31:05 | ひとりごと

今朝の事。

珍しく、朝の4時半ころ目が覚めた。

ベットから窓の外を見ると、ちょうど視線の先に月が見えた。

雲一つない、僅かに明るくなりかけた、紫紺の空だった。

その、紺の中に浮かぶ白い月が美しかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりごと(真っ赤なトマト)

2016-11-02 20:58:41 | ひとりごと

今朝、宮崎県から真っ赤なトマトが届きました。

昨年、弊社の熨斗を遣って頂いた『おがわ農園』さんが送って下さったトマトでした。

 

「樹になったまま真っ赤に完熟させたミニトマトだけを見極めて一つ一つ今朝収穫した熟成完熟トマトです。」

と、丁寧にお手紙も添えてくださいました。

この写真だけでも爽快な気持ちになれそうな、自然の赤。

完熟したフルーツのような甘味。

かわいい形。

「アイコ」という種類のトマトだそうですが、

トマト嫌いの娘がこのトマトだけは食べた・・・貴重なトマトです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加