根子岳山窓

(阿蘇住人の山行記です。)

倉岳・角山・六郎次山  9月14日~15日

2016年09月15日 23時05分26秒 | 熊本県

     倉岳(682m)・ 角山(682m)六郎次山(682m)      (単独)
(「九州ふっこう割」を利用して下田温泉への旅路)

(往路) 阿蘇(発 8:30) →嘉島→天草西港(着11:50)→松島・知十橋→教良木ダム
      (着12:40 ~発13:20) →倉岳山頂(着14:00~発14:15)→下田温泉(着16:00)
       = 走行距離188km 
             *松島・知十橋から倉岳山頂までの走行ル-ト (←Googleマップ  ) 

 
(復路) 下田温泉(発8:40)→角山頂上(着10:00)→六郎次山頂上(着12:20~発12:30)→
     深海町(県道26号)→宮野河内(県道285号)→河浦・新合(国道266号)→本渡→
     三角→不知火→城南→大津→阿蘇(着6:40)
        = 走行距離228km 
       *角山から六郎次山への走行ル-ト (←Googleマップ  ) 
       *六郎次山から県道285経由で河浦・新合までの走行ル-ト(←Googleマップ  ) 

                 

( 一日目)9 月14日(水)・曇

1.倉岳に向かう途中で「祝口観音の滝(いわいぐちかんのん)」に立ち寄る。

県営教良木ダムの水源の一つである祝口観音の滝は、
上流の自噴(毎分5百リットル)する泉(周囲49m)を源(みなもと)に、
滝の全長300m・標高差80m・幅10~15mで岩肌を帯状に流れ落ちています。
(上天草市のHPより) 

    * 熊本県の滝.>天草上島の滝> 祝口観音の滝 (←参考資料のサイト)

[教良木ダム湖岸に建つ案内板] ↓

[教良木ダム湖岸から望む祝口観音の滝]

[ズ-ムで撮影]

[遊歩道終点から岩床の流路を望む、県道59号線も見える]

 

2.倉岳 (682m)                   、
 (ドライブで立ち寄った頂き) 

[県道59号線から見上げる倉岳の山容]

 [山頂直下の倉岳神社の鳥居]

[倉岳山頂]

[山頂からの風景: 眼下に「えびすビ-チ」や棚底湾の最奥に御所浦島が見える]

[倉岳神社]

 

3. 投宿 「群芳閣ガラシャ(ぐんぽうかく がらしゃ)

 

[伊勢海老祭り 天草グルメプランの一品]

                                           

 

(二日目) 9月15日(木) 晴

4.角山 (682m)

[国道266号線長平越トンネル南口に建つ案内板(角山の位置は概念で補完しました。)]

[登山口の案内図]

 

 [広域林道・本渡大江線沿いに在る角山登山口]

[登山口から5分位歩くと、登路の右側は自然林が密生]

[金比羅宮鳥居の手前が登路]

         [山頂は砲台グリーンの地形を成している]

[一等三角点]

                      

[頂上から北方角の景観]

[頂上からの眺め: 福連木集落方面かと思われる]

[国道266号線(新合)から頭山を仰ぐ]

 

 5.六郎次山 (682m)        、            
 (ドライブで立ち寄った頂き)        

 [国道266号線を左折して県道288号線に入る交差点:六郎次山への標識]

[峠道の最高部を過ぎて、下り坂になった所に案内板あり]

[頂上に向かう途中の案内板]

[頂上からの眺め]

[浮かぶ綺麗な島: 大変印象的な山姿であった]

[頂上で眺めた綺麗な島を県道26号線(深海町)から仰ぐ、島の名前は「産島」とのこと]

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 阿蘇品坂・磐名木坂  7月28... | トップ | 高城(中山仙境)  9月26日~27日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

熊本県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。