医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 前のブログのパスワードを忘れたため、再開設しました。

前のブログから読んでくださった方々には迷惑をおかけし、申し訳ございません
責任は取れませんが参考になったら幸いです

(一部書き直し、更新しました)海外ではスピリチュアルが科学され、病気治療に使われている

2017-07-11 13:16:27 | 日記
前世とかスピリチュアルの話がうさん臭い人もいるはずなので、一応そういったものが海外ではきちんと研究、そして治療に応用されていることを提示したいと思います。(前から書こうと思っていたはずなのに遅くなってしまってすみません。)

オーラっていうものがありますよね。
それを研究して作られたのがNESシステム(生命情報学)です。
これについて説明している動画のリンクを載せておきますね。

NESマイヘルス
NESマイヘルス2:人間の秘密はここまで解明されている!

この動画ではNESシステムが、人体やそれを取り囲む電気フィールド、潜在意識の深い部分の情報などを出してくれるので、あらゆる病気の治療に有効であることを説明してくれています。説明してくれている刑部裕子(おさかべゆうこ)さんという方は、学習障害のお子さんの治療に携わっており、自らはガン治療を経験したそうですよ。
深層心理の深い部分にある問題も出せるそうです。


(動画のスクショ。エネルギーフィールド(俗にいうオーラ)のイメージ)
13分40秒から、人体を取り囲む電気の層(ヒューマンボディーフィールド)の説明が始まります。この電気の層が、俗に言うオーラとなるわけです。この電気フィールドの無数の電気信号によって人体は動いているわけですが、このフィールドの周波数と生まれ持った肉体の周波数が合わなくなると体に不調を起こすのだそうです。

詳しくは動画を見てみてください。



前回の記事で書いた原始反射の説明動画も載せておきます。あくまで参考ですが。この動画や私のブログも、また絶対ではないと思っています。
「BU子育て親育て講座」 :学習障害の大元には原始反射が関係している

BU子育て/親育て=人育て/自分育て講座4:原始反射を解放すると何が起きるか?

BU子育て/親育て=人育て/自分育て講座3:学べる頭は身体が作る

個人的には、原始反射がきちんと終了できない理由って、生まれつきの恐怖心なんかも影響してるんじゃないかなと思っています。
原始反射の中には恐怖マヒ反射なんてものもありますからね。動画では帝王切開などが原因とありますが、
私は帝王切開で生まれたわけでもないのに骨格がずれたし、子供のときはビビリでずっと泣いてました。勿論そういった出産時の問題で障害が出ることは広く認知されてますし、それも当然あるとは思うのですが、その人にとっての真実はわかりません。


それから以前、右は男性エネルギー、左は女性エネルギーという話をしましたが、右は与える、左は受け取るあるいは受け入れるという意味合いもあるそうですよ。





人体って不思議ですね~



そういえば、私自身は今内臓下垂が戻り、へそ下10cmの丹田という場所に自然と力が入るようになったわけですが、子供のころ膀胱炎にかかり、またずっと頻尿だったのが治りました。
きっと、骨盤が倒れて内臓が下垂することで、泌尿器が押しつぶされていたのだろうと思います。
頭も軽くなって目が良く見えるようになり、湿っぽかった耳垢がカサカサになりました。

治ってよかったです。


もし機会があったら、QXシリーズというロシア製の機械について書いてみたいですね。その人の輪廻転生の記憶やどんな霊がついてるか、また電磁波攻撃を受けているかどうかがわかる機械だそうです。笑
ロシア軍は幽体離脱の訓練までするという超オカルト先進国なので、期待できそうです笑











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断薬の記事についてと、発達... | トップ | 鼻呼吸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。