【玄米酵素・ハイゲンキ正規販売ネットショップ】~栄養士の食育ブログ

栄養士がいる玄米酵素ハイゲンキ専門店。専門普及歴32年、全国優秀者受賞16回、栄養士が食育・正しい食を無料でサポート!

糖尿病患者さんに支持されている「たに内科クリニック」の院長が掲載♪(^_-) ~ブログNo454

2017年01月24日 13時56分23秒 | 玄米酵素ハイゲンキ

こんにちは!   玄米酵素・ハイゲンキ正規販売ネットショップ ヤハタ美研  栄養士 八幡です

 本年も、皆さまの健康のお役に立てるよう、心を込めて努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

 さて、今年も「はい!元気らいふ(No.209)」が届きました!

今回は、糖尿病患者さん一人一人にあった治療を実践してご活躍中の、たに内科クリニック院長 谷光憲(みつのり)先生が、表紙です(^^)♪

 院長の谷先生は、消化器・内視鏡がご専門ながら、近年患者数が増加する糖尿病の治療に力を入れています。

北は最北の地・稚内、東は枝幸、南は士別と、広範囲から患者さんは名寄市にある「たに内科クリニック」を訪れます。

看護師は元より、「日本糖尿病療養指導士」の資格をもつ管理栄養士が常駐し、療養指導を行うという希有なクリニック。

地域医療への貢献を目指して、日々奮闘されています。 

~★院内では「玄米酵素」の紹介も。 モットーは゛医療は総合力゛★~

 谷先生は、数年前に体調を崩し、2週間程入院したことがあります。
不規則な生活やストレスが原因だったようですが、その後、患者さんから勧められたのが『玄米酵素』でした。
自分に合っていると感じたので、まずは身内に勧め、院内にも置いているとのことです。
院内講演会などでも、食物繊維やビタミン、ミネラルの豊富な玄米の良さを説明し、「玄米食を取るのが難しい方には試してみる価値があり」と紹介しています。
 昨年の8月には、FBRA(玄米酵素の学術名)全国研究会に初めて参加し、さまざまなエビデンス(科学的根拠)が出ていることを知り、改めて玄米酵素の良さを理解できたとのことでした。
「患者さんにも良い結果が見られたので、今後はより多くの患者さんに紹介し、症例も収集したいと思っている。
糖尿病の治療は継続が大事なだけに、「総合力」をモットーに患者さんを脱落させない医療を行っていきたいと考えています。」とおっしゃっておりました。



☆詳しくは、「はい!元気らいふ(No.209/2017年1・2月号)」をご覧くださいませ。

また、ご希望の際は、お気軽にお申し付けくださいませ♪(^◇^)/

玄米酵素・ハイゲンキ正規販売ネットショップ ヤハタ美研

                    (有)ヤハタ美研 栄養士 八幡



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 株式会社玄米酵素が「福島県... | トップ | リーグ優勝&日本一の日本ハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む