マクロビ家族 

日本人の伝統的な粗食を基に、心と身体と冷蔵庫の中身を変え、『日本人的自然観』と『一元論的思考』を取り戻しましょう!!

偽物の醤油と本物の醤油とMy醤油

2017年12月14日 | 思う事
昨日も長男と次男を連れて、電車で千葉の合気道教室へ行ってきました。
いつもの様に帰り道に、お約束の駅蕎麦に寄りました。

お店で長男が、
「この醤油、本物~?」と、テーブルにあった醤油を持ち出しました。

見てみると、「ヤ」から始まる大手メーカーの醤油でした。

「何て書いてある?」と長男に聞いたら、
「うんと~?アルコール?」「おっとー、アルコールて何~?」と聞いてきました。

「アルコールてのは、今、おっと-が飲んでいるお酒だよー」と
 真っ赤な顔をしながら言ったら、
「えぇ~?」と、驚いていました。

「何で?醤油にお酒が入ってんの~?」と。

「そりゃ~、この醤油は、偽物だからよ~」と教えました。
「本物の醤油は、大豆と塩なんだよなぁ~、麦も入っている場合も
 あるけどなぁ~」と、教えました。

そこで教えたのは、余分な物が入っていれば入っているほど、
カタカナ言葉が入っていればいるほど、それは偽物だ、という事でした。

何処まで理解できたかは分かりませんが、これからも少しずつ、事ある度に
教え込んで行きたいと考えています。

家に帰って、我が家で使っている濃口醤油を長男に見せました。
原材料名には、大豆、麦、食塩の文字だけでした。

そこで長男が、
「何で?あんなにいっぱい書いてあったのかなぁ~?」と。

そこで私が、
「簡単だよ~、偽物だからだよ~」
「色と味は醤油でも、偽物なんだよなぁ~」と。

改めて、思いました。
毎日、何気なく使う調味料だからこそ、本物にするべきなのだろうと、です。

勝手に思う事ですが、世の中これだけ健康志向が高くなっているので、
外出時や食事会などで、
「My醤油を個人個人が持参する様な世の中になればいいなぁ~」なんてね!

調味料に気が回る様になれば、食事の内容にも気が回る様になるのだろうと、
真剣に思います。

偽物と本物、天地以上の差があることをお考えになられれば、幸いに思います。
出来るだけ、原材料名を見て疑問を持つ習慣を付けましょう!


こちらは我が家の白味噌です。


発酵の里こうざき、で購入しています。
1キロ、750円ほどします。
高いですが、その分、本物の味噌です。

三男坊が「みしょ~、みしょ~」と言うので、味噌ご飯のとなりました。


最初は、小女子や大豆ハムで食べていたのですが、
おかずばっかり先に食べてしまい、ご飯だけになっちゃいました。

そこで、「味噌、食べるか~?」と聞いたら、こんな塩梅の
味噌ご飯となりました。


ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄米ご飯の炊き方(マクロビ家族の黒豆キビ入り玄米ご飯)

2017年12月11日 | マクロビオテック
我が家では、ほぼ毎日、二重蓋の土鍋で玄米ご飯を炊きます。
昨日は、黒豆と餅キビを入れた玄米ご飯でした。
マクロビ家族の玄米ご飯の炊き方を、お伝え致します。

先ずは、国産の餅キビです。成田山の参道で買いました。


土鍋に玄米を約1.3合、約キビを2合、黒豆を約2合入れました。


軽く研いだ後に水を約4.3合入れて、その後一緒に自然塩を一つまみ入れます。


中火で約18分。




その後、弱火で65分。




少なくても、約10分は蒸らします。
黒豆キビ入り玄米ご飯の出来上がりです。


餅キビが入っているので、モチモチした食感が強くなります。
とても美味しいですよ~!

次男坊の朝食になりました。
「何か~?いつもと違う~?!」と言いながら、バクバク食べていました。


一般的に見たら、かなり水を多く入れます。
出来るだけ柔らかくします。

理由は2つあって、
一つは、良く噛まない次男坊でも大丈夫な様にです。
もう一つは、小生が柔らかめのご飯が好きだからです。

また、今まで色々な器具で玄米ご飯を食べてきました。
その中で、土鍋(二重蓋)に最終的に落ち着きました。

理由は、一番美味しいと感じるからです。

電気炊飯ジャー、国産のアルミで出来た圧力釜、外国製の圧力釜、電気圧力鍋と、
色々と手を出してきまたが、二重蓋の土鍋には敵いません。

やはり、自然に近い方がいいのでしょう!
また、胃腸の弱い私でも、その胃腸を気にせずに食べられます。

それは二重蓋の土鍋の場合、食べていて玄米の外皮を全く感じないからです。
圧力釜や電気圧力鍋では、噛んでいて最後に、外皮が口の中に残ってしまいます。

それだけ、土から出来た土鍋だと、ふっくらと炊き上がっているのでしょう!

参考にならば、幸いに存じます。

 
ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

具無し塩焼きそばと日本人のルーツ

2017年12月10日 | マクロビオテック
数日前の夕食に、久しぶりに焼きそばが登場しました。
具無しの塩焼きそばです。

子供達はキャベツやもやしが入ると、いま一つの様で食べ残す事が多いです。
今回は小生の提案で、具無し塩焼きそばとなりました。


こちらは次男坊です。玄米ご飯(豆ご飯)も一緒です。




こちらは、三男坊です。食いつきが「段違い平行棒?」です


我が家の台所は、少し緩めのマクロビオティック(食養)なので、
時々、忘れた頃に焼きそばが登場します。

私も小さい頃から一人でよく、サッポロ一番の味噌ラーメンや
アラビアン焼きそばを作って食べていました。

必ず、具材無しでした。
中学に入った頃から、味噌ラーメンにはもやし、塩ラーメンにはキャベツ、
醬油ラーメンは具無し、と言う様に進化?しました。

しかし、焼きそばだけは具無しを作り続けていた様な記憶があります。

バカ息子達も大人になるにつれて、色々と味覚や感覚や感性など、
どんどんと進化?変化?して行くのでしょう?!

その中で、日本人のルーツである「ご飯と味噌汁」を出来るだけ自然に、
上手く植え付けさせる事が出来ればいいなぁ~なんて、思う今日、この頃です!

何せ「風土はFOOD」ですからねぇ~!


ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超陽性な梅醤番茶と「右回り」とミーちゃん

2017年12月09日 | 手当法
数日前からまた、梅醤番茶を朝一番で飲む様になりました。
梅醤番茶は、マクロビオティック(食養)の大基本となる手当法で、
超陽性な飲み物です。

真冬に入ってきたので、梅醤番茶から一日を始めてみょうという訳です。
こんな感じです。


大きめの梅干し一個に、濃口醬油を適当に入れて、
そして適当に生姜をすりおろして箸でつぶしながら混ぜます。

混ぜる時は必ず、右回りにします。
右回りに混ぜ合わせる事により、目に見えない陽性度(氣、生命力)を
高める訳です。

そして、熱々の番茶を注いで飲みます。


因みに、スヌーピーのマグカップです。


ここで、右回りの話を致します。
基本的に、右回りは陽性なエネルギーで、左回りは陰性なエネルギーです。

陽性とは求心性のエネルギーで、締める力、固める力、温める力などになります。
陰性とは遠心性のエネルギーで、緩める力、柔らかくする力、冷やす力などになります。

陰性陽性を色で考えた場合、
例えば虹は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の七色です。
陽性度の高い赤から、陰性度の高い紫へと、上手くバランスが取れています。

超陽性な遠赤外線である日の出の太陽と、赤ちゃんの真っ赤で熱々な血の塊には
色々な共通性が見られます。

また、超陰性な塩紫外線である日の入りの太陽と、この世を去った時の唇の色は
紫に変わり身体も冷たくなります。

右回りに話を戻すと、「生命のダンス」という言葉があります。
精子と卵子が受精してから、右回りに回転しながら子宮へ向かう様です。

そうなると、大雑把ですが、
右回りは、エネルギー(氣)が強くなり何かを生み出す方向へ向かう力で、
左回りは、逆に、エネルギー(氣)が弱くなり何かが消えて無くなる方向へ
向かう力となります。

ですから、普段から料理をする時は味噌汁などは必ず、目に見えない生命力を
高める為に右回りに回しながら温めます。

「だから、何だぁ~???」と言われればそれまでですが、
あくまでも私の場合は、必ず、右回りを料理に取り入れています!

子供達が朝起きて来ると、一番にストーブの前でミーちゃんと遊びます。




そのミーちゃんは、ストーブの近くの椅子がお気に入りの様です。





ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味噌納豆とドカベン

2017年12月07日 | マクロビオテック
いつもの朝食風景です。
長男はいつもの様に、納豆ご飯です。麦飯です。


次男坊も納豆ご飯です。
味噌をリクエストしてきました。


この時は、白味噌にしました。
我が家は、発酵の里こうざき まで買いに行きます。
必ず、白味噌と赤味噌の二種類購入します。

1キロ、800円前後しますが、毎日食べるので出来るだけ本物の味噌にしています。

納豆とご飯を別にして、食べていました。


因みに、小生の食べ方を真似しているのでしょう?!

こちらは、幼稚園弁当です。


ご飯の上に、大豆ハムで顔???でした。
ご飯の中にも何か?入っているのでしょう?!
デカい弁当箱です。ドカベンです


ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加