マクロビ家族 

日本人の伝統的な粗食を基に、心と身体と冷蔵庫の中身を変え、『日本人的自然観』と『一元論的思考』を取り戻しましょう!!

薬は毒と病人の増加

2017年06月14日 | 思う事
お早うございます。
マクロビオティック(食養)を独学で勉強する様になってから、
有名な方々が初期の癌が発見されて記者会見などを開き、
その後、一年以内で殆どの方々がお亡くなりになっているのを
見るたびに思います。

しかも、お亡くなりになられる頃は、「げっそりとお痩せになってしまい」
まるで別人の様になって、です。

それは、
戦後以来、
「病人の増加が元で、化学薬剤の売り上げが伸びたのか?」
それとも、
「化学薬剤の売り上げが伸びたから、病人が増えたのか?」
と、です。

国会答弁や役人の方々の考える、「分かった様で分からない」様な
複雑で難しい文章は必要ありません。

単純に考えてみて、一体、どうなっているのでしょう???

私が幼少の頃から、祖母がよく言っていました。
「薬は毒だから、むしょうやたらに飲むんじゃねえぞー」と、です。


小豆入り玄米ご飯です。
私の主食です。



ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お腹一杯になったら、寝るだ... | トップ | ご飯と味噌汁とウンコの変化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL