マクロビ家族 

日本人の伝統的な粗食を基に、心と身体と冷蔵庫の中身を変え、『日本人的自然観』と『一元論的思考』を取り戻しましょう!!

ご飯と味噌汁の粗食と「ドカベン」とミニギター

2016年11月06日 | 遠視で乱視の次男坊
お早うございます。
我が家の台所は、マクロビオテック(食養)を基にしていますので、
ご飯(お米)と味噌汁の粗食が大基本です。

長男の朝食です。大豆ハムご飯でした。


ご飯は麦飯で、最初に沢庵をパリパリ食べていました。
味噌汁は、里芋です。

里芋は基本的に陰性食品ですが、排毒を促進させる食べ物としては、
野菜の中ではトップクラスと思います。

里芋パスタやコンニャクシップなどでも分かるように、食べた場合でも
同じ効果が出ると思います。

しかし、どちらも陰性食品なので、陽性化させる様な調理の仕方を
工夫なされる事をお勧め致します。

こちらは次男坊です。


極度の遠視で乱視の次男坊は、二十日程前から幼稚園弁当以外は
基本、玄米食にしました。
この時は、小豆入り玄米ご飯のお握りです。
「三度のメシより『ご飯』が好き」な次男坊は、玄米ご飯でも、
嫌がらずにパクパクとあっという間に完食しました。

マクロビ家族としては、とても有り難い限りです。

そしてこちらが、幼稚園に持っていく弁当です。ドカベンです!


今までは普通の弁当箱でしたが、ご飯(お米)大好きの次男坊が
「弁当、足りな~い」と。
それで、二段の弁当箱になりました。

家内が、かなり多めにご飯(麦飯)を詰め込んでいました。
その上に、自家製鮭フレークです。

年中の幼稚園児としては、「食いすぎではないのかなぁ~?」と
思うぐらいの量です。

所謂、「ドカベン」状態です!

然しながら、残してきたことは、一度もありません。

その次男坊が、ミニギターを弾いて???いました


尚、田舎の古い農家の為、お見苦しい台所で、申し訳ありません。

ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医学の違いは、風土の違い | トップ | 梅干しの種とトラクターで田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL