マクロビ家族 

日本人の伝統的な粗食を基に、心と身体と冷蔵庫の中身を変え、『日本人的自然観』と『一元論的思考』を取り戻しましょう!!

醬油番茶と減塩と三バカトリオ

2017年04月20日 | 手当法
お早うございます。
軽く、減塩に付いて触れようと思います。
因みに、昨日で今期のトラクター作業は、終了しました。
これから、お世話になったトラクターの掃除です。

私は毎朝、醬油番茶を飲みます。
番茶に、薬草茶のドクダミ、ヨモギ、クコ、バブ、オオバコを入れています。

今日のです。飲みかけです!




濃口醬油を、小さじ一杯強程度入れます。

減塩を信条になされておられる方々には、殆ど、ご理解いただけないと
思いますが、私はこの毎朝の醬油番茶をとても大事にしています。

また、毎食時の味噌汁も、かなり濃いめを心がけています。

要は、身体が「脱塩状態」にならない様に、「欲しいなぁ~」と思う程度に、
しっかりと心と身体に塩分を摂り入れようと思っています。

塩分の摂り過ぎは良くないと思いますが、同時に、脱塩状態もまた
良くないと、素直に考えます。

私は思います。
脱塩状態が続けば続くほど、癌や膠原病などのあらゆる陰性病を引き起こす
一つの大元になっているのだろうと思います。

減塩思想は、陽性度の高い肉食民族にはある程度有効なのでしょうが、
典型的な穀物菜食の日本人の場合は、必要のない概念であると、真に、思います。

また大雑把に塩分は、5:3:2(6:3:1)などの様に、
一日の中で午前中を多めにして、夜は少な目にする様に心がけています。

あくまでも、かなり大雑把ですがですがねぇ~!


朝食後の茶の間です。不整理不整頓の毎日です
三バカトリオです。



ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きければいい、と言う訳で... | トップ | 納豆ご飯と味噌汁掛けご飯と... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
醤油番茶と減塩と (さわやかレモンケーキ)
2017-04-20 20:24:05
減塩について勉強になりました。それにしてもお子さんたちが本当に可愛いですね!毎日ブログ拝見するのが楽しみです!!
有難うございます。 (マクロビ家族)
2017-04-21 08:57:03
さわやかレモンケーキ さんへ。
お早うございます。
コメント頂き、誠にありがとうございます。
そうなんですよねぇ~。
減塩のし過ぎは、心も身体も「腑抜け」になっちゃうんですよねぇ~!
極陰性なスイーツ(白砂糖や食品添加物)を沢山食べて、極陽性な塩を減塩していたら、
日本人としての生命力は、とことん弱くなってしまうと思います。
心と身体のバランスが、とことん崩れてしまう一つの近道が、
「甘い物を沢山食べながらの減塩」にあるのだろうと考えます。

常識外れのブログですが、これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL