マクロビ家族 

日本人の伝統的な粗食を基に、心と身体と冷蔵庫の中身を変え、『日本人的自然観』と『一元論的思考』を取り戻しましょう!!

造血場所が、引っ越しをする???

2017年08月07日 | マクロビオテック
現代西洋医学は、造血場所を骨髄(骨髄造血説)としてきました。
ところが最近、肺でも造血をしている事が判明した様で、
医学会に大激震が走ったとか?!

お茶の水クリニックの森下敬一先生は、若い頃にカエルを見ていて
骨髄造血に疑問をもったとか?!

オタマジャクシの時とカエルに成長した時のその造血場所は???と。

要は、オタマジャクシには骨が無いのに血液が流れているところに単純に
疑問に思った様です。

もし、骨髄造血ならば、オタマジャクシの頃は何処か別の場所で造血していて、
その後に出来た骨に造血場所が変わる?のだろうか?!と、こんな感じなのでしょう。

元々、下等生物は基本的に、体細胞、血球、消化管の三つで成り立っているとか。

その場合に大事なところは、何処で血液(血球)が作られるか?です。

大方の人は、直感的に、
「そりゃ~、消化管(腸)だろうなぁ~」と。

進化の過程では、一番最初に出来上がった臓器は消化管(腸)なのだろうと思います。
それは、素直に考えて、「食べ物が、血となり肉となる」と思うからです。

この進化の延長線上に位置する人間様の造血場所も、腸(消化管)であると
考える事が正しいのだろうと考えます。

元々、東洋では、血液は腸から出来ると考えられてきました。

何故?骨髄造血説がいまだにまかり通っているかと考えると、
それは、腸造血説ではきっと、お金の流れの面で都合が悪いのでしょう?!

腸造血となると、
誰でも無意識的(必然的)に、食べ物に関心が行く様になってしまいます。

誰だって、自分の身体の中を流れる血液(真っ赤な血)を
「良くしたい」
「いい血液にしたい」と考えるのは当然です。

そうなると、今まではあまり気にしていなかった食品添加物や化学調味料や
ジャンクフードなどに厳しい目が向けられてしまいます。

日本人の場合は、日本人に適していない陸上の動物の肉や卵や牛乳にまで
厳しい目が向けられてしまいかねません。

こんな事は、世の権威ある方々、世の中を仕切っておられる方々からすると、
とても都合が悪くなってしまいます。

元々、骨髄造血説とは、アメリカでの実験で、
鶏に餌を何週間も与えないでいたところで、骨の中での造血が確認されたとか???

人間様の造血場所は基本的に腸(消化管)で、その営みに不都合が生じた場合に、
他の余力のある大きな臓器や器官である骨や肺や肝臓などから一時的な造血現象が
見られるのは、それが延命反応だからなのだろうと思います。

誰だって、血液が自分の身体で作れなくなったら貧血以前に、死んでしまいます。

いづれにしても、いつの世の中でも「建前と本音」があるという事です。

日本でも、戦前や戦後初期には殆ど無かった癌や糖尿病や膠原病などの
生活習慣病が増加の一途を辿っているのは、残念ながら、「理に適った現象」
なのだろうと考えてしまいます。


子供達が、帰省先から帰ってきました。
次男坊が、車の窓ガラスに描いた宇宙戦艦ヤマト?です。


長男です。


次男坊の昼ご飯は、いつもの様にお握りです。葛の青汁付きです。


三男坊は、いつものお昼ねタイムです。



ホームページ
日本人と『ごはん』と『福耳』の会

ランキングに参加しています。
クリックして頂けると、幸いに存じます。
   ↓  ↓  ↓
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済最優先と食料自給率 | トップ |  天地一体と食べ物の氣 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (まめり)
2017-08-07 12:13:34
奥様とお子さん達が帰ってきて、マクロビさんのお宅に賑やかな日々、再来ですね
また御家族のドタバタな日々、楽しみにしています
いつもいつも (マクロビ家族)
2017-08-07 17:04:49
コメント、有難うございます。
まめり さんへ。
そうなんですよ~!
茶の間は、おもちゃと座布団がふっ飛び始めましたよ!
まぁ~、頑張りますので??(何を頑張るんだか?)
これからも、よろしくお願いします。

コメントを投稿

マクロビオテック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL