元気UPブログ

子どもの健全育成に必要な関わり方を、保護者に知ってもらうための活動をご紹介しております。

規格が合わない

2016年12月13日 | 日記
 お気に入りだったセーターが2枚、虫に食われて穴が空いてしまいました。新しい
セーターを買おうとあちこち探しているのですが、これがなかなか見つかりません。
下妻は元より、土浦へ行ったり古河に行ったり。
 これは良いなと思って試着すると、決まって袖丈が長いのです。袖丈がピッタリだ
と思うと、今度は少し窮屈目だったり。 「袖が長かったらまくれば良いんじゃない。」
と言われるのですが、袖口をまくるのは嫌なんです。何で嫌なのか明快な答えはな
いのですが、多分、自分にピッタリの商品が置かれていないことが、面白くないんじ
ゃないかと思うんです。「あなたの体形は規格外ですよ。」と言われているような気が
しちゃうのかもしれませんね。
 もし、気に入らないのに我慢して着たりしていると、イライラしちゃうかもしれません。
自分の欲しい物が見つからないのもイライラしますけどね、毎日イライラするよりは
良いですよね。怒りっぽい人や、文句ばかり言う人がいます。もしかしたらこの人達
も、何かを我慢して生きている人達なのかもしれません。
 こうした人と話す時に、正面から教えたり諭したりするのは、余り効果的ではない
のかもしれませんね。もしこんな人が身近に居たら、「何か我慢しているんですね」
と聞いてみたら、あっさり心の内を話してくれるかもしれません。それにしても、「たで
食う虫」もいるというのに、化学繊維には見向きもせず天然繊維しか食べないとは、
虫というのは何と健康志向なのでしょう。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民生委員始めました | トップ | 砂沼で発会式 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事