愛の輝きとつぶやき

写真、アート(絵画、書、詩)日記

支那贔屓(ひいき)の“手支那〟

2017-06-28 16:59:36 | 真実を知る

那贔屓(ひいき)の“手支那〟  其の①

最近特に日本人の多くが本当に目覚めなければ、日本国が無くなってしまう

かもしれないという危機感を抱いています。

無くなるということは、中国=支那、朝鮮に蹂躙され万世一系の日本の

国体(国魂)がなくなってしまうということです。

似非日本人が跋扈することになる。

その重要なことに本当に気づいて、出来ることを行動にしていくことが

大切だと思います。

さしあたって都民であれば都政選挙に投票することです。

 

最近書店で下記の書籍が目に留まりました。まだ読み始めたばかりですが、

P82の抜粋をご紹介させていただきます。

「支那人の卑史 朝鮮人の痴史」著者 黒木頼景(くろきよりかげ) 成甲書房

 

其の①

支那贔屓(ひいき)の“手支那〟

支那について学んでいるのに、支那人を全く理解できない日本人、といえば

外務省の官僚が真っ先に思い浮かぶ。

支那担当のアジア大洋州局には、チャイナ・スクールの外交官が

蟠踞(ばんきょ)しており、日本の国益よりも、支那の国益を優先する

売国奴が多い。

ちょっと思い出しただけでも、中江要介や槇田邦彦、浅井基文などの

官僚を口にできるし、政治家なら自民党の加藤紘一や二階俊博、

河野洋平、そして天皇陛下を江沢民に売り飛ばした宮澤喜一などを

列挙できる。我が国の外務省は北京政府の霞が関支店のようなものだ。

外務省から支那へ派遣される大使たちは、「吾が輩は難関の外務官試験に

合格した特命全権大使である」、と自惚れているが、真剣に日本の歴史を

学んだことはないし、支那社会の実態を研究したこともない。

「キャリア官僚」という肩書きだけが唯一の勲章である日本の外交官は、

愚者を扱うのが上手な支那役人に赤絨毯で歓迎されれば大喜び。

接待が得意な支那人は、美女をあてがうのも忘れない。

こうしたお膳立てを受けた上に、満漢全席をご馳走になったら、

誰でも「日中友好」を唱えたくなる。しかも、支那に籠絡された政治家と

連(つる)めば、高給と恩給が保証され、天下り先も確保されるから安泰だ。

支那人への戦争謝罪なんかいくらだって口にできる。

どうせ、国民の税金を献上するだけだから、公務員の共済年金が

減るわけじゃない。足りなければ国債を発行するだけだ。

波風を立てるより、相手の面子(メンツ)を立てたほうが良い。

外務省の大使や領事にとって、日本の名誉は一文の得にもならないから、

弊履(へいり)よりも粗末に扱うことができる。

これが勅任官僚の正体だ。

外務省の役人は、事務次官から局長や課長まで、たいていの者が

支那贔屓(びいき)に傾いている。

チャンコロ屋の外交官は多く、その中の一人堀内干城(ほりうちたてき)

(1889~1951)も酷かった。

 

~続く~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦後レジームからの脱却 | トップ | 支那贔屓(ひいき)の“手支那... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真実を知る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。