愛の輝きとつぶやき

写真、アート(絵画、書、詩)日記

「超訳十七条憲法」

2016-10-16 21:07:48 | 今に生きる

「超訳十七条憲法」

世界平和の原点は、十七条憲法の「和をもって尊し」(以和為貴)の一言で

大成できます。また第二条の「篤く三宝を敬へ」(篤敬三寶)という言葉も、

現在でもそのまま通用するものだと思います。

どんなに時代が変わっても、いにしえの教えは生き続けるものであります。

十七条憲法の原文は非常に格調高いものですが、今の人には分かりにくい

かもしれません。

インターネット上の「2ちゃんねる」という掲示板に、若者向けの言葉で

超訳されたものがあったと書籍で知りました。

言霊の観点からは原文と比べようもなく、霊性の低いものですが、

若い方にはかえって親しみがあるかもしれませんので、一応ここに

転載させていただきます。

 

「超訳十七条憲法」

第1条 お前ら仲良くしろ

第2条 仏様とお経と坊さんは大切にしろよ

第3条 天皇陛下の詔勅は謹んで受けろ

第4条 役人は礼儀と身分をわきまえろ

第5条 人を裁く奴は賄賂とかに惑わされんなよ

第六条 DQN(バカ)は叩け。いいことしろ

第7条 役人はちゃんと自分の仕事をしろ

第8条 役人は朝早く出勤して夜遅く還れ。きっちり定時なんかに帰るなよ

第9条 信用は大切だぞ

第10条 他人が何か間違ったことしてもあんまり怒るな

第11条 功績や過ちはハッキリさせて、賞罰とかその辺きっちりさせろよ

第12条 役人は住民から搾取しちゃダメだろ

第13条 役人ども、おまいらは同僚が何やっているかはきっちり知っておけよ

第14条 役人は他の市とかの方が給料が高いからって妬んだりすんな

第15条 役人どもはてめーの財布のことばっかり考えてないで国のために働け

第16条 国民に何か課すときは、必ず時期とか空気読んでやれよ

第17条 重要事項は会議して決めろ。ひとりでコソコソやんなよ

 

(584:名無しさん@明日があるさ:2006/04/11(火)00:51:36の投稿より)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「働き者と怠け者」 | トップ | 「皇室は なぜ 尊いのか」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (小平次)
2016-10-17 13:22:33
初めまして

小平次と申します。

ゆぅすけさんのフェイスブックからいざなわれてまいりました

超訳十七条憲法

面白いですね

あらためてすべてがここにあるという思いになります
娘に見せたいと思います

ありがとうございました 
はじめまして! (幸(さち))
2016-10-17 22:29:02
はじめまして、小平次さん、幸です。

コメントをありがとうございます!

小平次さんのお名前は、ゆぅすけさんのブログへの

コメントで何度か拝見しておりました。

気骨のある日本男子ここにあり、という印象を

もっております。

これからもよろしくお願いいたします。

全てのことがらは、時代を超えて中今にあると

観じています。



ありがとうございました。




コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。