愛の輝きとつぶやき

写真、アート(絵画、書、詩)日記

「働き者と怠け者」

2016-10-13 22:04:33 | 今に生きる

「働き者と怠け者」

<働き>には、「肉体的な働き」・「精神的な働き」・「霊的な働き」の三つが

あります。

布施行(ふせぎょう=自分の一番大事なものを、報いを求めないで与え尽くす)

にも、財施(ざいせ)・法施(ほうせ)・無畏施(むいせ)の三つがあります。

「肉体的な働き」・財施は、身を粉にして働くことであり、またそれによって

得たものを、他の幸せの為に与え尽くすことです。

「精神的な働き」・法施は、真理を学ぶことによって、心の幸せ・喜び・安らぎ等

を体得し、それを自然に他に波及することであり、また真理そのものを他に

伝えることです。

「霊的な働き」・無畏施は、神様との一体感を深める為の、<感謝の真祈り>を

祈ることです。そして自他共に真実の<安氏立命>が得られるように、

神様の最高のお手伝いをすることです。

 

「肉体的な働き」には限界があるのです。しかし、「精神的な働き」は、肉体的な

働きの億倍以上の働きにもなるのです。

従って自分の働きを大きくする為には、真理の学習と祈りの実行が大切に

なるのです。

<ありがとうございます>と感謝一筋に生きて、霊的・精神的・肉体的な

三つの働きを、調和した姿を拡大させてゆくことが大事になのです。

 

<働き者>は、極楽への道を歩んでいるのです。

<怠け者>は、地獄への道を歩んでいるのです。

働くほど貸しが増えるのです。利息が付いて、貯金が増えるのです。

また神様の無限の徳も受け易いのです。さらに働きが大きくなって、

自然に極楽に近づいてゆくのです。

怠けるほど借りが増えるのです。利息が付いて、借金が増えるのです。

借り即ち業想念が心に蓄積されて、その重荷・縛りを受けて、ますます

怠けることになるのです。

また業想念の奴隷に陥れば、神様の助けを拒絶することになるのです。

だからこの世でも七難八苦で一杯になり、地獄への道を転がり落ちることに

なるのです。

恐怖心・精神的苦痛・この世の不如意を解消する為には、

先ず借りを減らすことが必要なのです。

マイナスへの傾向をプラスへ向ける為には、神様の助けが絶対必要不可欠

なのです。

その為には、生きることの<真剣さ>が絶対条件です。

 

<働く>ということは、謙虚に、真剣に、喜び勇んで、<働けば働くほど>

神様の力が湧き上がって来るのです。

神様の御用に使っていただくことが、神様のお手伝いをさせていただくことが、

本当の働きなのです。

神様は常に、すべてに無限に幸せを与えようとしているのです。

そのお手伝いをすることが、神様の無限の助けを受け入れることになって、

神我一体の自覚を深めていただけるのです。


            抜粋 「地球一切を救うヴィジョン」 白峰 徳間書店


自分の内にいる内在神を全面的に表に出す、日々の努力、謙虚さ、

感謝をもって生きる働を***



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山への思いやり」 | トップ | 「超訳十七条憲法」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。