愛の輝きとつぶやき

写真、アート(絵画、書、詩)日記

「日の丸の旗」

2016-12-31 20:33:06 | 日本の文化

「日の丸の旗」

中サイズの日本の国旗

 

今年もまもなく新しい年へと切り替わろうとしています。

またまた時間が短くなってあっという間の一年でした。

年賀状をやっと書き上げ、少しでも早く届くようにと駅前のポストへ歩いていき

ました。ついでにコンビニで足りないハガキを購入しました。


街中を過ぎ住宅街を歩いていきます。さすが31日は昼間でも人や車も

少なかったし、空気が澄んでいましたが、夜中の住宅街はなおさらです。

歩いていて今年も思う事は、祝祭日に各住宅の玄関に日の丸の旗が

あまり見かけなくなったことです。

きれいに整備された家々なのに、注連縄は飾ってあっても日章旗を捧げて

あるお宅が少ないと感じます。

場所柄でしょうか、テレビの映像でも昔より少なくなったように感じます。

日本の唯一の国旗ですが皆さん意識が変わってきているのでしょう。

学校や家庭の教育の問題でもあるしよう。

それでもオリンピックでは、日の丸を意識して戦っておられます。

日の丸の旗があるのと無いのとでは応援するのもされるのも随分違って

きます。

いつも感心するのは、スケートの羽生結弦選手が金メダルを取って、

日の丸の掲揚のとき、いつも口をしっかり開けて君が代を歌っていることです。

日本人としての誇りをしっかりもっていることが感じられ嬉しいです。

  

新しい年度を迎え、家の内外をお掃除したら門松と一緒に国旗を捧げたら

いいのにと思います。

家の前の掃除や車を洗っている人をよく見かけますが、サッパリしたもの

です。

お供え餅やおせち料理をいただく前にすることがあるでしょう、といつも

思います。

八百万の神様がいる日の本に住んでいる日本人は、お正月には

年神様をお迎えするのです。そんな意識で元旦を気持ちよくお迎えましょう。


神社にはお願いごとではなく、生かされていることの感謝を

捧げましょう。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「水のような最良の生き方」 | トップ | 2017年の干支は酉年(ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。