げんき大学の「元気になるブログ」

津市げんき大学事務局が発信する「げんき大学」の最新情報ブログ☆気になる最新情報はココでチェケ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「元気系報告会 ゲンキナオモイ」開催

2008年05月18日 | その他の活動

5月18日(日)、久居総合支所で「げんき大学元気系報告会 ゲンキナオモイ」を開催。これまでの成果としての事業企画の発表と一緒に取り組んでくれるメンバーの募集を行いました。
若い方を中心に、40~50人ほどの方に来てくれて、なかなか盛り上がりました。

■あつさんのミニミニライブと学長挨拶でスタート
まず、津市の応援歌「ゲンキナオモイ」をあつさんに歌ってもらい、みんなでサビの振り付けを踊ってスタート!
続いて、松田学長が熱く挨拶。「2年前のオープンキャンパスで、げんき大学は先細らずに、先太りでと言ったが、非常に太く固まってきた。津市としても頑張っていきたい」、「今は、津市をアピールするタイミング。県外に行って、一人でも二人でも津市のことを知っている方に会えるようにしたい」などなど。

 

■とってもわかりやすい基調講演  「げんき大学の可能性」
石阪先生が「げんき大学の可能性」というテーマで講演。
この内容は、なかなかわかりやすいもので、げんき大学の今とこれからを見事に捉えてました。さすが石阪先生!

「元気、個性、インパクト」に欠ける津市を何とかしようと、げんき大学が立ち上がった。それは、従来の市民大学や寿大学とは一味も二味も違い、若い人が継続して、いろんな世代と協働できる場。
げんき大学のオリジナリティは「考えながら動く=動きながら考える」、「来る者は拒まず、去る者は追わず」、「メンバーが個性豊か」にあり、自分のやりたいことが、自分のできる範囲でやれるところで、とにかく居るだけで楽しい組織だ。

そして、課題は、あくまでもげんき大学を「手段」として、いろんな立場や考え方の人をどうコーディネートすっることができるかにあると。

げんき大学がめざすのは、「人や地域を元気にする」んじゃなくて、「自分が元気になること」。それが、地域を元気にすると信じて、自分が元気になるために、げんき大学を使ってもらいたい、踏み台にしてもらいたいと。

 

※基調講演の詳しい内容は、【こちら(クリック)】です。

■ゲンキナオモイ発表
後半は、まず、ZTVさんが総務省の映像大賞を受賞した「~活気ある町づくりを~ 津市げんき大学」を上映。
そして4つの事業企画でどんなことを進めていきたいのか発表し、石阪先生をコーディネーターに、あつさんにコメンテーターをお願いして、アイデアを出し合った。

 

① うなぎプロジェクト
「津と言えばうなぎ、うなぎと言えば津」「つぅ(津)のうなぎは、つぅ(通)のうなぎ」の定着をめざして、うまっぷを生かしたスタンプラリーや共通の幟作成、イベントでの販売や食べ比べ、うなドルでのPRなどを検討中。
意見としては、様々な商品開発、健康面で訴えるキャッチフレーズの定着、うなぎ条例なんてものまで出てきました。

② た津じんページ作成事業+たまり場プロジェクト
げんき大学のベースとなるものとして展開していきたい活動で、「た津じんトークライブ」と「たまり場交流サロン」による「人と人そして場を結ぶ」環境づくりをめざすもの。
意見としては、たまり場は、そこに来れば誰かいる、何かあるということがみんなに浸透することが大切で、行きたいと思わせる場づくりが必要であること。そのために、例えばテーマ性を見せることが大事で、地域に、どういうニーズがあるのかをリサーチするところから取り組む必要があるとの指摘があった。

 

③ 津学会
津のことを、地域のことをもっと知りたい。津を自慢できる人をもっと増やしたい。だから、地元学を研究している人や地域の物知りの方や子どもたちの自由研究や、いろんな地域を学ぶ人や場をネットワークさせたい。
意見としては、津検定を中心にアイデアが出され、とっても幅が広いので、できるところ、やりたい人のいるテーマから取り組んでいければと。

 

最後にみなさんに、7月から毎月第3土曜日開催を予定している「た津じんトークライブ」や活動への参加をお願いして終了。

お疲れさまでした。よいPRになったかな?

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『げんき大学の可能性』 by石... | トップ | ゲンキナオモイ体操動画UP! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (パッチ)
2008-05-19 10:18:30
参加いただいたみなさん。
どうもありがとうございました。
とても有意義な時間だったと思います。

お世話いただいた石阪先生、あつさん、ありがとうございました。
スタッフのみんなもお疲れさまでした。

コメントを投稿

その他の活動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事