平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週、総持寺、茨木市、JR茨木、南茨木の4駅をアピールランしています。

重たい通学カバン /斜面 「瑞穂の国」は

2016年12月09日 |  #茨木市議会 #茨木市 #地方自治
 10時から文教委員会なので9時から議会控室で最終の準備。

 委員会ではこれまでの指摘に対する答弁が実行できているかの点検と、新たなテーマで改善を求めました。

これまで取り上げてきたもの
・部活の調査と改善に向けて
・組体操、ピラミッド、タワーについて
・マイナンバーの普及率
・自衛隊への個人情報提供について

新たなテーマ
・障がい者差別解消法を受けて
・独自の婚姻届を検討する考えは
・他市の自治体図書館、大学図書館の連携について
・重たい通学用カバン
・教育委員会の後援は個人申請も認めるべきだ
・中学生からの主権者教育

始まってから、なぜか質問のメモの一部がないことに気づき、昼の休憩時間にネットで検索してメモ。大慌てでした。

夕方からは定例の「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動。



【今日の情報紹介】

斜面

「瑞穂の国」は安倍晋三首相が好んで使う言葉だ。例えば「瑞穂の国の資本主義」。ウォール街のような強欲を原動力とはせず、道義を重んじ真の豊かさを知る、瑞穂の国にふさわしい資本主義があるという

   ◆

安倍家のルーツがある山口県長門市の棚田が原風景らしい。2年前の建国記念の日のメッセージはこう訴えた。〈日本人には田畑を共に耕し水を分かち合い、乏しきは補い合って五穀豊穣を祈り、美しい田園と麗しい社会を築いてきた豊かな伝統がある〉

   ◆

ギャンブルを誘蛾(ゆうが)灯にして観光客を呼び込む。いわゆるカジノ法案だ。勤勉や分かち合いとは真逆の産業なのに、首相は成長戦略の目玉と位置付け成立を急ぐ。つじつまがどうも合わない。国会の党首討論で「国家の品格を欠く」と追及されても、疑問を解消する言葉は乏しかった

   ◆

首相は3年前のニューヨーク証券取引所の講演で日本への投資を呼び掛けた。「ウォール街の皆様は常に世界の半歩先を行く。ですから今がチャンスです」。ウォール街に対する強欲批判とは正反対の言葉を並べ立てた、と哲学者の適菜(てきな)収さんは手厳しい

   ◆

社会の病は「言葉の扱い」に表れると考える適菜さんは、首相発言を検証し新著を出した。「政治家がうそをつくのは当たり前」といった悪性のニヒリズムが日本をむしばんでいるとみる。これでは、まやかしが横行していても仕方ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HK & Les Saltimbanks "On l�・che rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆日々更新が目標ピースアクション #平和 #憲法 #人権 #原発 #1000人委員会
◆山下Facebook 
◆山下Twitter

◆山下HP・「お元気ですか」   

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝はJR茨木駅 /冷えと体 | トップ | 市民活動センター設立10周... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL