明るく楽しい日々を願って。

毎日の平凡な出来事を、日記のように綴ります。趣味の切手も時々アップします。
どうぞ宜しく・・・。

枕草子を読む会と野毛山の桜

2017年04月04日 | Weblog

今日は、よいお天気でしたが

風が冷たい日でした。

 

月に一度の『枕草子』を読む日でしたので、

横浜中央図書館へ行きました。

『枕草子』三巻本の、

第百四十八段~第百五十四段の途中まで

手分けをして読む進みました。

『枕草子』は、現実の世界を描いているので、

平安時代の人々の生活がよく判って面白い。

 

読み終わってから、横浜中央図書館のある

野毛を中心に、桜を見て歩きました。

 

     

横浜中央図書館と桜です。

この桜は、よく咲いていましたが、

全体としては、まだ4分咲きという処です。

 

     

こちらは、図書館の横に植えられている「横浜緋桜」です。

横浜固有種で、白井勲氏が「寒緋桜」と「兼六園熊谷」という

種類の山桜を交配して創りあげました。

ピンクが濃く美しい桜です。

 

     

こちらは、掃部山(かもんやま)公園の花の壁です。

スポンジのオアシスに花々を植えこんでいます。

とても良い香りがしました。

 

     

こちらは、掃部山公園にある井伊掃部守直弼(いいかもんのかみなおすけ)の銅像です。

井伊直助は、日米修好通商条約に調印して

日本の開国近代化を進めました。

この銅像は切手にもなっています。

     

この切手は〈日本開港百年〉を記念して発行されました。

 

     

こちらは、本日4時30分頃の掃部山公園の様子です。

午後4時でしたが、花見の場所取りの人達が

もう、ブルーシートを敷きつめてお花見をしていました。

まだ肌寒い気候ですが、皆さん、盛り上げっていましたよ。

 

     

こちらは、横浜市立本町小学校の校庭にある

ガス灯と百年桜です。

桜は、まだ咲きそろっていません。

 

ガス灯は、明治三年に、この地に日本で初めて

ガス会社が設立され、明治五年にガス街灯が

灯りました。それを記念してガス灯を建てています。

 

本町小学校は、児童数が増えて、校舎を建て増ししました。

みなとみらい地区のマンションに引っ越しした人が多く、

児童数が増えたのだそうです。

 

百年桜は、伊勢山皇大神宮の参道に百年前に

植えられた桜がありますが、

その桜の枝から苗木を育てて

ここに植えたものです。

 

今年は、寒い日が続いたため、桜の開花が遅れています。

明日は、気温が20℃近くあがるそうですから、

桜も一気に咲くでしょう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久右衛門邸でランチ | トップ | 薔薇の花の切手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事