山ヤのゲンゴロウ

山登りと自転車、ログハウスなど趣味につて

若狭基幹林道

2016年10月14日 | 自転車3

 林道には随所に見晴らしの良いスポットが有りました。日本海が碧く素晴らしかったです

今日はYAMAさんと一緒にMTBでツーリング。
朝、勝山では道路に表示された気温が9℃と低く寒いだろうなぁと思いつつ、鯖江の集合場所に向かう。YAMAさんの新しいスバルのフォレスターのリアシートを倒し、2台のMTBを積み込み出発!アイサイトやら何やらと先進技術の塊の様な車は凄い!ちょっと羨ましくなりながら若狭に向かい、世久見の漁港に有る駐車場に停め8:25出発します。

未舗装路:舗装路の割合が6:4(だいたいこんな感じ)の林道を進みます。
とても快適で一部山が崩れており通行止めになっている為か、そして平日の為、ボク達以外だれも居ない静かな林道を登り、そして下りは王滝SDAばりのブッ飛ばし様に進みました。
 
 海抜0mから出発です世久見の海岸から鳥辺島をバックに      快適な未舗装路が続きます。MTBで来た方が無難…

 
 随所に看板もあり道迷いしません。       こんな感じの林道が続きます。(写真YAMAさん)

途中、矢代湾や小浜湾のキレイな日本海を眺めとても気持ち良く走ることが出来ました。
特に久須夜ヶ岳やヒョッコリ浮かぶ鳥辺島なんかが印象的で、あまり来る事が無い嶺南の山々や海を堪能出来、とても癒されました。

途中、YAMAさんのフロントタイヤがパンクしましたが、レースじゃないのでのんびり修理し登ったり下ったりしました。
 
 快適快適!         途中、山の斜面がゴッソリ落ちたところで復旧工事です。作業員に挨拶して通してもらいました


 ヤッパシ相棒のCOMMENCAL のVIPは最高です。古いフレームに最新のパーツを組んであります変速は2×10です

11:18基幹林道を下り終えると、そこは阿納尻。ここからは海岸線を縫うように、そしてこの海に迫出した尾根を貫くトンネルを走り、3年ほど前にロードで走った記憶を思い起こしながら気持ちイイ海岸線を走り、途中に田烏の漁港に寄って帰路に着きました。11:55到着。
 
 ブッ飛ばしたり、登ったりとアップダウンが有ります。(写真YAMAさん)    基幹林道終点です阿納尻にて

今日は好天の元、日陰に入ると涼しいくらいで、とても快適にMTBで林道、そして海岸線を走ることが出来ました。
最近、というか昨日まで仕事が忙しかったけど、これで疲れがぶっ飛びました!
 
 久須夜ヶ岳をバックに            田烏の漁港にて(写真YAMAさん)

 
 陸の孤島の各集落もトンネル開通や国道の高規格化により行き来しやすくなりました    もうすぐゴール!日本海最高!!

帰り道はお洒落なカフェに寄って昼メシ食って、YAMAさんんの愛車を運転させてもらいました。新しい車に先端技術!欲しくなりました。水平対向エンジン最高です!!

YAMAさん有難うございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丈競山へ | トップ | 石徹白から三ノ峰 紅葉狩り山行 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (YAMA)
2016-10-14 20:59:32
今日はありがとうございます♪
初めての林道を走るのは楽しいですね。

最初は寒かったですが、次第に温かくなり、
楽しい林道ツーリングでした(^^)

途中パンクでポンプが???で焦りました。
ゲンちゃんの機転で助かりました(^^)/

またよろしくお願いします~
嶺南の林道 (ゲンゴロウ)
2016-10-14 21:08:09
なかなか行くことの無い嶺南の山、というか林道
とても楽しかったです。鹿も多数見受けられ木々の食害の実態というか現状が分かりました。(YAMAさんは猿を目撃)
また何処か行きましょうね!
ロードは道路しか走れないけどMTBは道が無くても藪漕ぎで攻めて走れるところが好きです。
朽ち果て廃道となったところや、道そのものが無い所を藪漕ぎして、又は登山道すら走ってでも行きましょうね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。