山ヤのゲンゴロウ

山登りと自転車、ログハウスなど趣味につて

四ツ岳パウダー!

2017年03月19日 | 山スキー!H29

 森林限界を越え今日は右回りで山頂を目指します。無数にある岩峰がカッコ良く、地元の山とは違いカッコイイ!!

今日は山岳会のO橋さんとで四ツ岳の北面台地に行ってきました。
パウダー賞味期限間近か!?と思いつつ行きましたが、とても良いパウダーが最後まで続いてくれ、感激でした。そして新たな出会いもありました!

朝3:00大野市のいつもの所に集合し、O橋さんの車で出発です。ボクは助手席で仮眠したつもりがいつの間にか爆睡し、平湯キャンプ場の駐車場に到着です5:30。おもむろに準備をして6:00出発!ここに来るのは9年振りか…。
 
 スノーブリッヂはまだまだ賞味期限大丈夫です。      時折青空が見え癒されますが、今日は天気はあまり良くありませんでした。

いつもの様に平湯大滝を越して、スノーブリッヂを越え台地末端に取り付く。6:50此処でソロの山ヤさんに出会う。三重県から来たN野さん。ボクは「福井から来ました」と挨拶すると、「勝山市から?」と聞かれ頷くと「ゲンちゃん!?」と言われました。ビックリしつつ、ボクの事良く知ってておられ、嬉しくなりました。N野さんは普段から山スキーや沢を奥さんと一緒にやってて、ボクとカミさんと良く似た感じの山行をされていて、とても親近感を感じました。(N野さんは今日も奥さんと来られたらしいのですが体調不良で車の中で待っているとの事。下山後は高山で観光&宿泊らしいです。)

 ヤッパシ2000m級の山は寒いね。お腹がすく前に山頂に行こう!

そんなこんなで、意気投合!一緒に山頂を目指す事になりました。N野さんは還暦になったらしいのですが、もの凄くパワフル!3人でラッセルを回しながら登りました。
  
 振り返ると大崩山そして猫に続く稜線!     この辺からカリカリのシビアゾーンに突入!

9:15威容な岩峰が見えてきました。そろそろ森林限界。ここからは右のルートをとり進みます。吹き曝しの斜面はパウダーが乗ってたりカリカリだったりと、嫌らしい登りになります。潔くスキーアイゼンを付けて登り、ルンゼに入って後は山頂を目指すのみ!

今日はこの快速メンバーだったので行動食摂る暇もなく、今日食べた食料と言えば、朝コンビニで買って車内で食べた「唐揚げクン」のみ。お腹が減って来たようだが、いつものケトン体パワーでガシガシ進みました。
 
 O橋さんとN野さんの2ショット       山頂まであと20m!

時折、ガスが晴れて大崩山が見えた程度の展望で、終始薄いガスの中。そして10:10に四ツ岳山頂(標高2744m)に到着。吹きすさぶ強風の中、本当は山頂でのんびりラーメンタイムといきたいところだったけど、皆に反対されると思い…逡巡する暇もなくシールを剥がして、いざ滑降!最初はガスで平衡感覚が狂いつつ滑り、カリカリ斜面ではO橋さん転倒し足首を捻挫。これ以降いつものカッ飛んだ滑りは封印されました。
 
 山頂で三人で記念撮影!寒い!!        もうすぐカリカリゾーン突入!

カリカリ斜面が終わったらトラヴァースしてシュート上端に到着。待ちに待ったパウダーです。N野さんはパウダーをブッ飛ばしながら延々滑って行く…。大腿四頭筋が攣らないのか!?。ボクもいつものテレマークターンで後を追う。いつもの公式の「新雪+テレマーク=脳みそ湧く」が今日も適用。そしてO橋さんは封印の滑り。本人も残念そう。

 最初はガリガリ&フカフカの応接に苦労するけど、だんだん視界も良好になり、美味しそうな斜面になります


 もうフカフカのパウダーです。N野さんは飛ばし屋です!

 
 トラヴァースしてシュート上端に到着です。    シュートをブッ飛ばすN野さん。スキー上手いです!


 延々続くパウダーのシュート!気持ち良すぎて頭がおかしくなる。奇声をあげ、みんな変人化する

 
 シュートが終わっても新雪が続きます。   一息入れてラーメンタイム!ヤッパシこれが無いとネ!

そんなこんなで、気持ち良いパウダーは樹林帯も続き最高。そして11:20昼飯タイム。N野さんにはボク達のペースに合わせてもらい宴会参戦!!ここで他のパーティー2人が登って来る。この時間で此処だと遅いんじゃないかな。

ラーメン後も快適パウダーを堪能し、朝のスノーブリッヂに到着12:00。シールを貼らず階段登りで登り返し、最後の滑り。そして12:25駐車場に到着しました。お疲れさまでした。

 でもヤッパシ樹林帯の木々を縫う滑りが楽しい!新雪だし丁度いいね。これがカリカリ又はモナカだと地獄・・・

 
 最後まで楽しませて頂きました。山と仲間に感謝!    スノーブリッヂ地点に無事到着です♪

今日は新たな出会いの有った素晴らしい山行と成りました。そして粉雪も満喫でき嬉しかったです。帰りはのんびり高速乗って15:30には自宅に到着。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

越前兜で重パウダーゲット!

2017年03月12日 | 山スキー!H29

 やっぱ白山はどこから眺めても最高にカッコイイ!!山頂で遥拝。

今日は独りで山スキーです。
先週はいろいろ恐ろしい目に遭遇したわけだけど、そんな落ち込んだ気持ちを一転させるべく、自分の気持ちに終止符を打つ為にも独りでいろいろ考えながら登ろうと思い、地元の山に登ってきました。横倉の駐車場8:20発
 
 越前兜の壁から発生した雪崩の末端。      大日峠に到着。昨日のトレースがいっぱい!

 
 急登を終え兜の方に出ると加賀大日山が。今度は此処に行ってみたい。   ヤッパシ白山眺めながらラーメン最高!

結果・・・真っ青な雲一つない青空、そして真っ白な稜線に癒され、二日前に降った新雪を気持ち良くミニラッセル出来、汗をかきました。10:25山頂に立つ時には誰も居なく、ひとりで山頂を独占出来ました。遠くには白山が白く輝いており、それを従い周囲の山々を眺めつつ、その山を登った時の記憶を呼び起こし、ぼんやりと寛げました。

もちろん故郷の勝山市の市街地や我が家がある平泉寺町も眺めつつ、経ヶ岳は昔火山だったんだよなぁと・・・。

山頂でラーメン食って、10:50いざ滑降!北面の大斜面は少し重めだけど、しっかりパウダー然とした快適斜面。テレマークターンを気持ち良く決める事が出来、感激。ヤッパシ…テレマークスキー最高です。

 自分のシュプールを眺め陶酔…ヤッパシ、新雪+テレマーク=頭がおかしくなる。の公式は正解


 以外に良い新雪滑降を楽しめた。越前兜の北面は短いけど最高だね。

そんな気持ち良い斜面もすぐ終わり、後は大日峠に登り返し、ベタベタの重い雪を頑張ってテレマークターンしながら林道に接続。暫く来ないうちに立派な林道は新又越峠に延びていました。

林道に出た後はトボトボ歩いていつもの駐車場に到着11:25

12時前には家に着き後片付けやらしながら、家の周りの雪を除雪したり、日向ぼっこしたりと、家族でのんびり気持ち良い昼さがりを過ごしました。

うん!もう復活だぁ!!来週もどっか行きたいな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山は危険がいっぱい

2017年03月04日 | 山スキー!H29


今日も天気が良いので山に行ってきました。

山では滑落などの危険が有り、今まで様々な事故に遭遇してきました。

今回は特に色々考えさせられました。
仕事柄、慣れているものの山の中という環境下、下界とは隔絶された場所なので、普段どおりにはいかない。
山では色んな危険が有る。予想つかない事が突然起きる。
今まで無事家に帰ってこれたのもただ運が良かったからだけなのかなと、今更ながら思い、いつも…うるさく思いながらも家族に心配されていたのは至極当たり前のことなんだと痛感した。

今回ボクが助かったのはただ運が良かっただけ。
本当に恐ろしく戦慄し、身の毛もよだつ現場だった。
これを教訓にこれからも山に登りたい。

詳しい事はブログに載せられません…。そのへん慮って下さい。よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シッタカ谷でパウダー祭り!

2017年02月26日 | 山スキー!H29

 1600m付近の稜線を歩くわさびさんとカミさん!気持ちよさげです。

今日は福井山岳会のA木さん、O橋さん、カミさん、そしてベルクラのOYAZIさん、わさびさんとで「シッタカ谷」を滑ってきました。もちろん谷を滑るのも大事だけど、山頂を目指すのがメイン!
その山は、1897.2mの三角点。国土地理院の基準点名では「皈雲山」(かえりぐもやま)といいます。今日はこの山を目指しました。
 
 車2台で行きました。谷の傍に停めれました。     ブナの尾根に巨大なミズナラの木が!家の薪ストーブの燃料3年分くらいかな!?

朝、3:30大野の某集合場所に集合し出発です。白鳥ICから荘川ICの高速の予定が、御母衣ダムの国道が雪崩で通行止めになってしまったので、高速代がもったいないが白川郷ICまで行き、シッタカ橋に向かい除雪してあった片隅に車を停め出発です。
 
 野谷荘司山やデブリランドのくるみ谷が良く見えました!尖った妙法山もよく見えた!     1402mの小ピークからのぞむ山頂方向

6:10谷沿いの尾根に取り付きます。最初は杉の植林帯と天然林の境界を登ると徐々に美しいブナ林に変わります。とても気持ちいい!振り返ると帰雲城の崩壊埋没痕が望め、その背後にたおやかな峰の猿ヶ馬場山がよく見え、先日死亡事故のあった御前岳の前衛が望めます。本当によい天気で感激!!2日前から降り積もった新雪はとっても軽い!深いところで膝上か。ラッセルも軽く快適。1402mピークには8:20に到着。

 カミさんもトップでラッセルしていました。真っ白な斜面最高!!ここも滑りたいね

ここで皆を待っていると、あと一人がまだ来ない…。新人のS田君だ。何でかな!?と待っていると携帯が鳴る。S田君から!何でも20mほど滑落して板とストックが無いとの事。あわてて彼のもとに行くとクラストした斜面の上の新雪に足を滑らせ落ちたのだ。その際スキーが外れストックも紛失。まずい!!でもブナの木に引っ掛かっており回収したいが際どいところで、こっちも危うく落ちるところだった。こういったアクシデントもよい経験。道具の改良や登高の技術もつけないとね。
 
 とても快適な新雪の尾根を進む。展望を愉しみながら!      山頂手前のピーク!

そうこう有り、みんなに遅れて11:05山頂に到着。その後、後続のパーティーも到着!そこで声をかけられる。イルカさんだ!!白山以来ですね!お久しぶりです。

 皈雲山の山頂で記念撮影!新人のS田くんお疲れ様!洗礼を受けました!!今後に期待してます。

既に着いていたメンバーは、もう滑降準備済み!S田君も慌ててシールを剥がし、お腹ペコペコなので行動食食っていざ滑降開始です。待ってました!11:15。粉中毒のはじまりです。
 
 まっさらな斜面を滑るO橋さん!カッ飛ばしてます!     OYAZIさんの滑り!みんな上手です。


 今日もカミさんのK2クンバックはとても良く浮いてました!キャーキャー言ってパウダーを楽しんでました。

出だしは無木立の広い斜面です。一番最初に登ってラッセルした者の特権か!?絹の様な結晶が敷き詰められた新雪を滑ることができ感激!そして一旦谷は狭くなり再び快適な谷になります。いやぁ~頑張ってきて良かったです。
 
 今シーズンスキージャムに30回通い続けたA木さん…パウダーもデブリも、どんな斜面も安定の滑りでした


 山スキーやってて良かったです!わさびさんの滑り!華麗に攻めています。

広大な谷を滑ると両岸の岩稜が迫ってきます。この狭い所はデブリが有り、その上に新雪が乗った状態。でもデブリは柔らかく難なく滑れます。目まぐるしく変わるシチュエーション、そして雪の状態。ゲレンデには無いこの感じがイイね。
 
 S田君の滑り!ゲレンデで練習しているそうです。山でも登る練習しよう    OYAZIさんの滑り。またよろしくお願いします

 
 岩稜を通過するカミさん。こういった風景を楽しめるのも山スキーならでは     パウダー中毒のカミさん

 
 S田君とA木さんの競演!     まだまだパウダー(だんだん重くなってくるけど)満喫のOYAZIさん

そして傾斜も緩くなり、雪も重くなってきたところで、いつものラーメンタイムとなる。12:00いつもの様に溝を掘って景色を眺めつつ啜るラーメン最高!

 いつもの山岳会の定番!ラーメンタイム&記念撮影!老若男女!?みんな素敵な笑顔をしてます。山って最高です

そして谷はデブリが見え出し、それを乗り越えたり、無い所を滑ったりと…徐々に谷は狭くなり水流も見え出すけど、快適に車の元まで滑り下りる事が出来ました。13:00

谷は狭くなってくるけど以外に最後まで快適に滑れた 車のところまで一気に滑ることができました!

今日はS田君が落ちた時はどうなる事かとかなり危惧しましたが、さすがです。職場でパワハラや暴力にもめげず頑張っているだけあって、さいごまでやり抜きました。今日の洗礼を受け、初めて山岳会のメンバーになったという感じがするね。また今後に期待です。よろしくお願いしますネ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取立山パウダー

2017年02月14日 | 山スキー!H29

 取立山も雪は十分あります!でも滑るイイ斜面があまりないけどね・・・

今日は地元の山の取立山に行ってきました。というのは・・・
職場の先輩と後輩(いずれもスノーシュー)とで行く予定で駐車場で待ってたら、ドタキャン!!
せっかく来たので帰るのにはもったいないし、昼から用事があったので、独りで山頂に行ってきました。
 
 駐車場は除雪バッチシ!さすが勝山市!     動物の足跡を愉しみながらラッセルです

8:30国道脇の駐車場を出発し独りでラッセル。
遅い時間に出発したので他にも登山者が居るかなと思ったけど、駐車場は1台も停まっていない。平日の火曜日はこんなもんなのかなと思い出発しました。
 
 耳を澄ますと法恩寺山の方からスキージャムのアナウンスやBGMが聞こえます     モンスターもお疲れ気味…

先日の土日に積もった雪も若干締まり、月曜日に降り積もった雪は15cm程か。ラッセルは苦で無い。帰りはパウダーだと思い、ウキウキしながら登ること10:20分山頂着。
登っている時は経ヶ岳が良く見えたけど山頂に着くころには雪も降り出し視界は段々と悪くなってきた。展望を楽しみながらラーメン食う予定だったけど、雪降る中、食べる事になりました。
そして10:50山頂発!今日はカミさんのファット板を借りてきたので板が良く浮き気持ちイイ。でもこの前の志目木谷の方が100倍気持ちイイ。
 
 雪庇も以外に発達してました。       景色は楽しめなかったけど、ラーメン最高!

そしてあっという間にキャンプ場に到着。そして
11:15駐車場着。

今日は職場の仲間と楽しむ予定でしたが、残念でした。また次回行きたいと思います。
とりあえず今日も山に行けてラッキーでした。
そしていつもは他の登山者で賑わう取立山も今日はとても静かでイイ雰囲気でした。静かな山はイイね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志目木谷!激パウダー祭り

2017年02月11日 | 山スキー!H29

 志目木谷のパウダーをテレマークで滑降するK永さん!

今日は建国記念日!玄関先に「日の丸」を掲げてから出動です。
今日も銀杏峯に行ってきました。メンバーはK永さんとO田さん、カミさん、ボクの4人でしたが、O田さんは車の故障で残念にも離脱!してしまいました。残念…。と言う訳で、この3人で昨日から続く降雪の中をラッセルしてきました。雪はとても深く、腰から膝までのラッセルでしたが、気持ち良く登ることが出来ました。そして滑りは最高のパウダーでした。
 
 最初は汗ばむラッセル!今日も運動!!      常に膝ラッセル!腰まで埋まる時もありました。

朝、6:30宝慶寺キャンプ場入口に集合です。小松からやって来たO田さん愛車のトラブルで一緒に登れず残念…!戦闘機の整備ばかりせずに自分の車も整備してね!
今日は名松尾根経由で銀杏峯を目指します。昨日から降り続く雪の為、ラッセルは大変だけど、その分滑りを満喫できると思い、3人でラッセルを交替しながらガンガン登ります。最初は汗ばむけど、だんだん心地よくなってきました。
 
 ラッセルするK永さん。3月に結婚します!おめでとさん!!     1150mピーク着。行動食を摂る

9:15に1150mのピークに到着。まだまだです。段々と寒くなってきましたが、ラッセルでその寒さも相殺されます。途中、茶毛のウサギに遭遇。白くないと猛禽類に殺られるよ!

 モンスター達に出迎えられラッセルに勤しむ!冬は氷に包まれ春にはきちんと芽吹く木々の生命力には感動です。(写真K永さん)

 
 雪の梢に付いた雪が重そう…。     山頂に到着!吹雪いてるけど前回よりはマシ!

発達中のモンスターもたくさん居て、山は大賑わい!!徐々に風は強くなりだし、モンスターも居なくなり、真っ白な平原を突き進む。もうすぐ山頂!!でも視界も悪く、ヤッパシいつものホワイトアウト。でも前回よりマシ!そして難無く10:35山頂に到着!ヤッタネ。

 いつもの記念撮影!ボクの板が一番細いね。その分、体力でカバーしました。(笑)

吹雪の中シールを剥がし記念撮影してエントリーポイントに向かう。でもいつものホワイトアウトで何処歩いてるか分からず、慎重に進み漸く到着10:50。雪や風が強いので早く谷に入ろう。弱層テストは、何とか大丈夫そう。行けると判断し志目木谷に突入。
 
 エントリーは慎重に。まだ様子見で滑る     徐々に視界が晴れ、箍が外れる(それまでの秩序が失われるという意味)

 
 カミさんいつに無く攻めまくり!       K永さんテレまくり!!

 
 腰パウダーを満喫!テレマークイイね!       息が出来ない顔面シャワー必須!

 
 この降雪で山は生き返りました。万歳!     谷は完全に埋まり、ブッシュも皆無。雪崩の評価さえすれば最高のゲレンデです。


 障害物が無いので何処滑っても快適!


 新雪はヤッパシ!テレマークが気持ちイイ!もっと太い板が欲しい~!!(写真K永さん)

最初は周りが真っ白で平衡感覚が麻痺していたけど、徐々に斜面はいつもの広大バーン!しかもパウダー!皆絶叫しながら思い思いのシュプールを描き滑りました。テレマークスキーやってて本当に良かったと実感。もちろん3人の中で一番太い板を履くカミさんは浮力に感動しながらとても楽しそう。ゲレンデの100倍楽しいとの事。(明日は家族でSKI JAMでゲレンデ滑りなんだけどね)

 カミさん絶好調!今日もカミさん孝行出来ました。いつも一緒に来てくれて有難う。

 

いつまでも楽しい滑りを満喫しつつ、漸く台地に出て、ここで昼食。雪降ってる中でもやらないとね。そして谷の左岸をトラバースしながら滑り、林道に出た後、ラッセルしながら進む。新雪が多いので中々進まずヘロヘロ。そして13:15水車小屋に到着。ここからは朝の除雪車が通った後約30センチくらい積もった道路を歩き車の元に到着しました。

 ヤッパシ山に来たら寒くてもこれをしないとネ!ラーメン最高!皆の板、太くてイイなぁ。新しい板欲しいなぁ…。

 
 K永さん谷に落ちました。もう少しで水没するところでした。     スキーでスパッと切れて雪崩れるところも有りました。

今日の山行はO田さんが来れず残念でした。3人でテレマークだ!と思っていたんだけど。でも素晴らしいパウダーをゲット出来、とても幸せな気分になりました。カミさんもK2 クンバックの性能!?を若干発揮できたのではないかな。
 
 除雪車の有難味を感じながら歩き、車の元に到着     無事車の元に到着。除雪して車を出して家に帰りました。

今日の楽しい山スキーに引き続き、明日はスキージャムでゲレンデ滑り!雪国に住む人間にとって、ヤッパシ天からの恵み雪と共生できるって幸せ!(屋根雪下ろしや雪かきにヘロヘロになるけどね)そして感謝!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人山行(護摩堂山)

2017年02月05日 | 山スキー!H29

 護摩堂山山頂に到着! 山頂は湿った雪が降っていましたが、滑るにつれ雨に変わりました。

今日は昨日の晴天とは一転し雨…。昨日山に行っとけば良かった…(そんなこと言ったらダメ)
昨日は源次郎の頑張る姿を見れたし、今日は雨降ってるけど行くっきゃない。
という事で、今回我が山岳会に入会したS田君と一緒に護摩堂山に行ってきました。本当は荒島岳に行く予定でしたが新人もいる事だし雨の関係で急遽変更しました。

護摩堂山へはかれこれ20年前に護摩堂山~白峰の大道谷、5年前に遭難救助に行って以来。
 
 駐車場所では既に雨が降ってました(右がS田君)     滑りは重いパウダーからモナカやストップ雪と目まぐるしく変わります

雨降ってるけど山に行かないよりマシか…と思いつつ、新人君の技量や体力はどんくらいかな!?と思いながら、いつも通り楽しく登ることが出来ました。
メンバーはA木さん、O橋さん、ベルクラI本さん、そして新人S田君です。彼は28歳の若者!羨ましい。昔(2年前)、ボクが山岳訓練の講師として招かれた場で、講義の中で山スキーの画像を見て憧れ、ボーナスを全て山の道具に使い果たしたとか。そんな心意気を持っているので今後が楽しみです。

ということで、たいして記録に載せる様な山行では有りませんでしたが、雨の中、テレマークスキーを楽しんできました。
休みが合えばまた一緒に行きたいと思います。

 滑りも上手です。仕事は程々に、遊びは思いっきり頑張って、これからもガンガン自己研鑽していって下さい。夏は沢にも行こう!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少年少女クロスカントリースキー大会

2017年02月04日 | 今日の源次郎

 朝、7:30に集合し各自コースの下見と練習を始めます。雪はカリカリで下りカーブではコケまくり!

今日は勝山市の長尾山公園(恐竜博物館のある公園内)で市内小学校のクロスカントリースキー大会が有りました。
もちろん源次郎も先週のジャイアントスラローム大会に引き続きエントリーです。
雪国に住む子供達は、冬も色んなアクティビティーに挑戦でき、とてもイイ環境に住んでいます。もちろん本人のやる気次第ですが…。

 
 練習開始です。1年生から毎年出場してます。      小さな子供達が頑張って走ってます。

で、結果は11位と残念な結果でした。本人としては入賞を目標に今日まで練習に励んできましたが、下りやカーブで3度転んだのがダメだったみたいです。
家に帰ってきて陰で独りひっそり涙ぐんでいました。
 
 スタート!ガンバレ!!いつになく真剣です。      飛ばせ飛ばせ!みんな応援してくれました。

本人なりに一生懸命練習してきたので、それが結果につながらなかったのが悔しかったらしいです。でもこの小さな挫折をこれからたくさん経験して大きくなってくれればと思いました。もっともっと大きな挫折をこれから経験するだろうからね。
そんなこんなで、明日は大人の部の大会です。カミさんも源次郎を見習ってガンバレ!!

 ゴール!!お疲れ様!!来年も頑張ろうね!

子供の成長を見る事が出来、今日はとても良い一日と成りました。天気が最高に良く、本当は山に行きたかったけどね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

源次郎は少年少女スラローム大会!親は市民スキー大会(GSの部)にエントリー

2017年01月29日 | 山スキー!H29

 好天に恵まれた山スキー日和!本当は山に行きたかった…。

今日は地元のスキー場でジャイアントスラローム大会が有りました。
第48回目となる歴史のある大会です。源次郎は今日はジャイアントスラロームに出て、来週はクロスカントリーに出ます。
雪国の子供しかこんな大会を経験する事は出来ません。頑張って行こう!!

もちろんボクとカミさんも地区代表でジャイアントスラロームに出ました。

 
 スタートを待つ源次郎。話しかけてもあまり反応無かった。緊張してるみたい     スタート台から出走するところ!ガンバ!

 
 最初は緩斜面をスケーティング!ワックス合ってた!     表彰式で賞状、メダル授与される源次郎

開会式を済ませ、緊張した面持ちで順番を待ち、そしてスタート台に並び、「ピッ…ピッ…ピッ…ピーー」とスタート音が鳴動し必死にスケーティングして旗門を通過する後ろ姿を眺め、成長したなぁと実感。
結果は4位と昨年は3位だったけど、記録は10秒以上縮めることが出来、本人も満足げ。先週はナイターでスキースクールに入門し特訓した結果が出たのかな。努力すれば結果が出る事を身を持って実感したようで、親としても満足でした。

 
 メダルを首から下げ、賞状を手にする。少し誇らしげ!     カミさんゴール!もちろん山スキーで出場

 
 カミさんゴール!    ボクもゴール!

そして少年少女の部が終わった後は、大人達の熱いバトル!ピチピチのスキーのワンピースのレーシングスーツ着ている者に対抗して、ボク達はいつもの山スキースタイル。しかもボクはこの大会で少し有名になっているのか・・・
テレマークスキーで出場!
スタート時に「エントリー番号109番○○地区代表ゲンゴロウさん(もちろん実名でアナウンス)テレマークスキーでスタートです!」
とアナウンスされ、周りの注目を浴びつつ、華麗なテレマークターンで他の選手や大会関係者達を魅了!?させつつ旗門を攻めてきました。

旗門を通過する際のテレマーク特有のヒールフリーでスキーを前後させ、低い姿勢で攻めていく様は、自分ながら陶酔感を感じました。これだからテレマークスキーは最高です。

 今年も家族でスキー大会に出る事が出来ました。山スキーも良いけどこれもまた楽しかった。

親の順位はダメでしたが、ボクとしては地区代表として出場する意味が有り、周りのスキーヤー達と楽しく会話できたのもとても良かったです。そして、ボクの滑りを見て、一人でもテレマークスキーに興味を持ってもらい、テレマーク仲間が増えてくれる事を期待し、楽しいスキー大会を後にしました。

山スキーも楽しいけど、競技スキーも楽しいなぁと実感しました。今度は本格的なテレマークスキーの大会に出てみたいなぁと思いました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

志目木谷ホワイトアウト&パウダー  その後は雁ヶ原スキー場でナイタースキー!!

2017年01月21日 | 山スキー!H29

 志目木谷の中間部を滑るA木さん。漸くガスが晴れてきた…激パウダーを思いっきり満喫

今日はF山岳会のA木さんと銀杏峯に行ってきました。カミさんも行く予定でしたが、昨日は新年会で遅かったのでキャンセル!という訳で、ボクと二人で行ってきました。もちろん滑るのは志目木谷のパウダー!
朝、6:20いつもの水車小屋前に集合し出発です。新しく降り積もった新雪が20~30センチ有り、標高を上げるにつれ徐々に深くなります。ラッセルが気持ちイイ。
 
 いつもの道路わきに駐車していきます。    快適な尾根をラッセルです。

 
 風雪で白装束の木々       広い尾根にでた後は何処を歩いて良いか分からないほど視界が悪い

林道を過ぎ、尾根に取り付きますが、籔っぽく、もうひと降りほしいところ。でも快適に登高できます。尾根を通る雪を伴った風が強く、顔が凍ってしまう。
凍てつくブナ林がとっても美しい。見とれながらラッセルに勤しむ。9:35に1260mの広い尾根に出る。漸くなだらかな尾根に出てルンルンに進みたいところだけど、視界が悪く周りは真っ白で上下左右の感覚が麻痺し酔っぱらったような感覚…。どうでも無い所で転んだりと木などの目標物を見定めながら地図とコンパスで方向を見定め突き進む。
銀杏峯に近づくにつれ、風雪は強くなり睫毛が凍り付く。そして何度も立ち止まりながら読図しつつ10:35風雪が吹き荒れる中の銀杏峯に到着!やった~!!

 銀杏峯山頂の祠の前で記念撮影! ヤッタネ!! でもこの後がちょっと怖かった。

悴む手でシールを剥がし、イザ滑降!!志目木谷のエントリーポイントに行きたいところだけど、登りのトレールは雪や風で消えてしまい、ホワイトアウトの中、感覚麻痺しながら、危うい所で引き返したりとかなり難儀して漸くエントリーポイントに到着。(本当に此処がエントリーポイントなのか何度も確認)

此処から楽しい滑降と行きたいところだけど、視界が悪く感覚麻痺状態で儘ならぬ滑りが暫く続くが、漸く視野も晴れ思いっきり滑ることが出来る。ヤッタネ!
 
 エントリーしてから暫くは何処滑ってるのか分からない。へっぴり腰でビビりながら。小さい雪崩も頻発!

もちろん、こんな新雪を滑るのなら「テレマーク」だろう!ヒールフリーで新雪を滑る感覚が最高に気持ちイイ!A木さんもファットAT板を操りパウダー満喫。


徐々に谷は割れだし、右岸左岸と滑り堰堤横の林道に出る。この後は林道を滑り、朝のラッセルのトレールに接続。そしてジェットコースターばりに滑り、12:45車の元に到着。車の屋根には新たに10cmの雪が積もっていた。
 
 谷も終盤…。やっとこさ一息入れる事が出来た。ラーメン最高!   最後は快適な林道をカッ飛ばす!ボブスレー!!

今日は天気予報では雪や風が強いと言っていた通り、山では風雪が吹き荒れていた。でも、山頂付近のホワイトアウトの極寒の中を苦労して山頂に至ることが出来、そして更にエントリーポイントに辿りつけた事は、とても良い経験になりました。それも幾多の厳しい山行を経験してきたA木さんのお蔭です。

その後夕方からもスキー!

 
 受付、入校式を済ませリフトに乗って始まります!    雪国の子供たち!スキー出来ないと恥ずかしいぞ!ガンバレ!!

そして…昼に帰って来た後は、少し休んで17時から雁ヶ原スキー場でナイタースキー!
というのも…実は源次郎が21(土)22(日)23(月)と三日間ナイタースキーでのスキースクールに行くので、親も送迎する傍らゲレンデスキーで遊んでいました。
 
 源次郎は見るからに上達していました。先生は教え方が上手いね!    ボクもゲレンデでテレマーク!

ボク達はお気楽でルンルンといいかげんに滑っていましたが、源次郎は真剣な眼差しで先生の言う事に従って滑っているのをリフトに乗りながら眺めていました。
今日は、朝から晩までスキーで遊べ、満足な一日と成りました。こんな風に遊べるのも皆のお蔭!来週日曜日(29日)は勝山市民スキー大会に夫婦でジャイヤントスラロームに出場します。源次郎もジャイヤントスラローム少年の部に出場します。
頑張って行こう!!

 お疲れさまでした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一のカラ谷パウダー!

2017年01月15日 | 山スキー!H29

 小荒島岳からエントリーするカミさん。ファット板のK2クンバックは良く浮き快適そうでした。

1月に入ってもなかなか雪が降らず悶々とする日が続きました。漸く今季最大の寒波が到来し、雪がたくさん積もってくれた!昨日は源次郎も田んぼの法面で橇遊びするなど、やっとこさ雪山シーズン到来。という事でカミさんと山スキーに行ってきました。当初は県外にでもと思って準備してましたが、強烈な寒波到来とあってか「不要不急の外出は控えて下さい」とニュースで報道されており、県内の山にしました。まだ暗い中、降りしきる雪の中を運転してると道路では多くの除雪車が作業をし、その邪魔にならないように、除雪していないところは雪の中を突進!さすが四輪駆動+ターボエンジン!
銀嶺荘下の駐車場所はきちんと除雪されており、有難く駐車します。ここで準備をしているともう一台の車が来ました。長野県から来た山ヤさんです。板はG3のファット!一緒に行く事になりました。6:40
 
 きれいに除雪されていました。有難う大野市!     吹雪の中、ヘッデン点してラッセルです。

旧勝原スキー場の斜面を登ります。雪は多くゲレンデもバッチリ!でも、斜面いっぱいに植えられた桜の幼木が凄いです。ボクのテレマーク板はファットじゃないのでラッセルが厳しい…。カミさん、G3さんのファット板が羨ましい。交替しながらラッセルに勤しみます。ゲレンデトップからブナ林の尾根を進みます。風雪に耐え白く雪をまとったブナ林がとても美しいですが、尾根を抜ける風が強く眼を瞬きながら登り、9:35シャクナゲ平に到着しました。
 
 トトロの木も見る事が出来ました。     ボク達の進路を真っ白なウサギが2羽通過して行きました。

 
 梢の先端にまでびっしり雪が凍り固まっていました      シャクナゲ平に到着です。

シャクナゲ平から一旦下りちょっと籔が煩い尾根を進み小荒島岳に向かい10:15到着です。ここでいつもの様に雪面を約1m掘り下げ風防を造り、ちょっと早い昼食タイムです。山頂は風雪が吹き荒れているけど、この中は無風で快適!いつもの大スコップ持ってきて正解!そしていつもの様にラーメンタイム!温かい食べ物が冷え切った身体を温めてくれる。カミさん、G3さんとで楽しい昼食。寒いけどこれが無いと寂しいね。滑降の準備を整え11:20小荒島岳から一のカラ谷に向けGO!
 
 もうすぐ山頂!カミさんラッセル中!!        山頂にて夫婦で記念撮影。


 周りは吹き荒れていても、この中は一応快適!段々身体が冷えていくけど…。

最初は山頂から谷の間は広い斜面を滑ります。まだ雪の量は十分では無く籔も若干出てますが、滑りには問題無く、ブッ飛ばせます。パウダーが気持ち良くあっという間に谷に接続。そのまま谷や谷の横の斜面を滑ったりして、みんな転びながらも、あっという間に堰堤に到着。

 小荒島岳から一のカラ谷への斜面を滑る。もう雪は十分有ります。

 
 G3さんカッ飛ばしてました。    腰パウダーのカミさん。

 
 テレマークターン最高!(写真:G3さん)         谷の中も最高!(写真:G3さん)

 
 谷も快適に滑れました。      林道滑降も超スムースに滑れました。

ここからは林道をブッ飛ばしスキー場跡地を目指す。サラサラの新雪で板も良く浮き抵抗なく滑ることが出来、快適に下りてくる事が出来ました。そして車の元に到着。12:30
車は朝来たときと同じで、ボク達の車しか無かった。今日はこの良いコンディションだったので、他にも来るかなぁと思っていましたが、結局ボク達のみの山でした。
 
 駐車場所に到着。きちんと除雪されており感謝!    家に帰ると氷柱(つらら)がたくさんできてました。薪ストーブは24時間稼働中!!

ヤッパシ地元の山を滑るのは楽しい。暫く地元を滑って、その後は遠出したいなぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒波襲来!ヤッタネ!!

2017年01月14日 | ひとりごと

 童謡の「雪やこんこ」の歌詞どおり、猫は炬燵で丸まっています。薪ストーブにあたるのも好きみたいです。

今日、明日はセンター試験。大学受験の皆には大変だろうけど、ボクにとっては有難い寒波がやって来た。
1月中旬になるのに雪は全く無く、市内のスキー場はえらい目に遭っている。ボク達、山ヤにとっても地元の山で雪にまみれて遊べないのはとても悲しい。でも昨日、今日と漸く雪がイイ感じに積もった。

もちろん凄く寒く、今日一日ずっと氷点下!
家の主要暖房器具の「薪ストーブ」もガンガンに燃やしています。石油ストーブだとJIS規格の均質な灯油を用いて燃焼しているけど、我が家の薪ストーブは様々な燃料を燃やしています。

今日は寒いのでガンガン燃やしたいので火力と熱効率の高い「サクラ」と「ナラ」←(いわゆるドングリの木)を燃やしています。この他にも薪小屋には「ミズナラ」「コナラ」「アベマキ」「ブナ」「サクラ」の高品質な薪と中級の「ケヤキ」低品質の「ヤナギ」「杉」「桧」など様々な燃料がストックされており、その種類により燃え方も違います。それを眺めるのもまた楽しいです。
 
 薪小屋にはたくさんの薪がストックされています。     さっそく我が家の除雪機も本日初出動!

ときどき、薪にくっ付いて冬眠から覚めたカメムシが家の中に現れるので、ついでに燃料として焼却する時もあります。まぁ…自然の物なら何でも燃やす事の出来る焼却炉いや…薪ストーブは寒い冬には無くてはならない暖房器具!(夏は邪魔だけど)

そして、これら「ナラ」など広葉樹の灰は大切に保管し、畑に撒いたり、栃餅のアク抜きに使ったりしてます。田舎暮らしには有難い存在です。

猫も炬燵の中で丸くなっていたり、薪ストーブの前で暖をとっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末恒例の餅つき(10臼)

2016年12月30日 | ひとりごと

 全て搗いた後に記念撮影!毎年集まる一応仲の良い兄妹家族や親戚、そして我が家族!来年もよろしくお願いします!

今年もこの時期が来ました。餅つきです。昨年は1日で12臼を搗き、予定時間を軽くオーバーして17時を過ぎてしまった。今年は家族で相談した結果、2日に分けて行う事になりました。28日はカミさんが仕事休みで、29日は縁起が悪い(9≒苦という意味らしい)ので、28日と30日に餅つきを行いました。
毎年恒例とあってか、大人はもちろん、子供達は竈の火の扱い、杵の搗き方、餅の捏ね方など、徐々に一応身について来ているのではと思えました。
今回は28日:大人5人、子供2人、猫1匹
   30日:大人8人、子供8人、猫1匹 で行いました。
 
 火遊びが大好きな源次郎!でも火の番を任せられるようになりました。     源次郎も頑張って搗きました。

 
 自分で搗いた餅は美味しいらしいです。     カミさんと母の連携!脳天カチ割らないように!

2日に分けて行ったので、いづれも13時には終える事が出来、後始末も暗くなる前に終える事が出来ました。
もちろん、杵と臼で搗いた餅は艶やかで伸びに伸び、特に「おろし餅」が最高でした。ハイボールとの組み合わせ絶品でした。

28日は、いつもならカミさんは30日まで仕事だけど、この日は年休らしく、餅つきに参戦!久しぶりに杵を振るとあってか、なかなかの破壊力で餅を搗いてました。そして捏ねたりと、天気も良く家族団欒で搗きました。丸餅や豆餅、ヨモギ餅を搗きました。

 
 小さい子も年々重要な戦力になってきました。     東京から帰省中のR子。毎年やってるので上手になりました。


 今年は雪が少ないけど、雪合戦やらを庭や畑でやってました…。その汚い手で餅に触るなぁ~!

30日は、兄が帰省し、妹家族も餅つきに来て、市内の親戚や東京から帰省した親戚など、家族、親戚団欒で搗きました。

子供達は蒸篭が蒸し上がるまで庭で雪遊び等で走りまわっている。しかも、あまり綺麗ではないだろう、その手で杵を振い、餅をこねる。こうやって色んな空中に浮遊する菌はもとより、土に生息する枯草菌など、ボク達の身体に有益な菌類、菌達がこれら食品に付着、混入して食べる事が出来るのだと実感。もちろん、地面に落ちた餅は親がとやかく言わずとも3秒ルールで口の中に入れていた子供達には、最近よく言われる抗菌グッズや除菌といったもの関係無いといった風情である。
このように自然の中で寄生虫や菌と思いっきり共生できる環境は本当にイイもんだなぁと、落ちた餅を食べている子供を見て思った。
 
 搗いた餅のうち、1臼分はオロシ餅や、ぼた餅、きな粉餅にして頂きました。とても美味しかったです。漬物のしょっぱさもグッド!

そうこうするうちに今年の餅つきは終わり、親戚や妹家族は搗きたての餅を持ち帰り、残った子供達はその辺で遊びまわる中、大人達は後片付け。3時には全てが終わりホッと一息。
最近ではボクの住む田舎でも徐々に年末のこの行事が廃れている。この田舎の年末の風景を子供達の記憶に残しずっと続けていけたらイイなぁと思ひました。
昔から我が家の蔵にある古い欅(ケヤキ)で作られた「臼」100年近くたっているらしい。所々直した跡が有るが、これを後世に残せて行けたらなぁ。(杵は5年程前に更新しました)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白山にて激パウダー満喫!

2016年12月25日 | 山スキー!H28

 今日は最高の天気でした!白山の神様に感謝  黒ボコを出たところで撮影。

何処の山に行こうか逡巡していたけど、天気予報は曇→晴れの予報!だったら…という事で大好きな「白山」に決定!福井山岳会のO橋さんと一緒に滑ってきました。昨日まで下界は雨だったせいか、山頂から甚之助避難小屋まではパウダー滑降できました。

クリスマスイブの夜は家族でクリスマスの催しを我が家で行い、明日は早いのでシャンパンも程々にサンタが来る前に就寝。1:40に起床し勝山でO橋さんと合流し白峰に向かう。2:40出発。気温は低く、路面は薄らと雪が積もり、市ノ瀬から別当間では雪が3~4㎝積もってて、行けるところまで行き、デポ後徒歩&シールで進む。先行者が一人いるみたい。

 
 風嵐のゲートは閉まってるので此処からスタート!      長い林道を進むと1050m付近で雪が出てきました。此処から歩行&シール歩行が始まる

チビラッセルしながら進むこと4:40に別当出合に到着。吊橋のたもとで先行者に会う。見覚えのある風貌!「K畑先生ですか!?」と訊くと「あっ源ちゃんか!!」と。久しぶりにお会いでき嬉しかった。ママチャリで市ノ瀬まで来たとか!さすが歯科医!ここからはボク達が先頭で先に進ませてもらいました。

 
 いつもの恐怖の橋渡り4:45此処でT山岳会のK端先生に遭遇!     ヘッデン点しラッセルです。夏道通ったりショートカットしたり…。

最初の急登を過ぎた所からずっとシール登高が始まる。中飯場を過ぎて別当覗を過ぎた所からは雪は豊富で登山道を登らず、最短距離で登ることになる。そして7:15甚之助避難小屋をパス。周りは明るくなり、快適に登る。
黒ボコへ向けて登るが、エコーラインとの分岐をショートカットしようとするが、まだ雪が少なく藪に阻まれ、登山道に戻る。周りは次第に明るくなりだし、トラヴァースのところに入ると青空が見えだし、黒ボコの斜面を登るころには青空いっぱい!早く此処を滑りたい!そして黒ボコに出ると正面には白山が鎮座!早速ガラケーで写真を撮りカミさんに画像送信。

 
 甚之助をパスする頃には明るくなりました。        黒ボコ基部に向けてトラヴァース!一部カリカリに凍ってました。


 黒ボコの斜面に日が差す!この斜面最高に気持ち良かったです!パウダー満喫(テレマークで来れば良かったと少し後悔)

広大な弥陀ヶ原を歩き、久しぶりの白山の空気を深呼吸しながら進み山頂を目指す。室堂を越えたあたりから風が強くなり、更に雪質はパウダーだったり氷化してたりと目まぐるしく変わる。スキーアイゼン無しで最後まで頑張る。振り返ると別山の凛々しい姿を望める。そして山頂の肩に到着すると更に風は強くなり立っていられないほど。雪面も凍っており転滑落しないよう慎重に山頂に向かう。そして10:00到着!やったね!!

 
 黒ボコ斜面を登高する。雪の状態はグッド!      黒ボコに出ると白山がとても美しく望めました。感激!

 
 もう少しで山頂です。カリカリ斜面に難儀しました。     振り返ると室堂と別山の先端が見えます


 風が強く、地吹雪でした。細かい雪が雪面を這って流れて行く様は、冬の厳しさを感じました。

早速、記念写真を撮ろうと、いつものようにストックにミニ三脚を取り付けセルフタイマーで写真撮影(風に煽られ倒れたため何度か失敗)そして、山頂の祠でお参り!来年もよろしくお願いします!!その後はダウンジャケットを着込み祠の傍でいつもの昼飯!ヤッパシこれも大事な儀式。でも風が強すぎてまともに食べることができなかった。

 
 山頂で記念撮影!風が強すぎてストック三脚が…     きちんとお参り!来年もよろしくお願いします

 
 神社の傍らでいつもの定番!昼メシ。風が強く食べるのも必死      山頂から室堂、別山を見下ろす。

10:35待ちに待った滑降!山頂下からパウダーで気持ち良い。今日はカミさんのTRABの板を借りてきたんだけど、こんなイイ感じのパウダーならテレマークスキーを持ってくれば良かったと少し残念。でも快適には変わらない。山頂での烈風は無くなり更に快適。
天気は青空!雪面に反射する日光が眩しくサングラスを忘れてきたので眼が痛い。

 
 山頂直下の斜面を滑る。パウダー満喫      吹き溜まりは最高の雪でしたが、カリカリ氷化斜面も有ります

 
 室堂の西側の斜面に向けGO      黒ボコ下の斜面もパウダー!最高でした

弥陀ヶ原は快適にブッ飛ばし、10:50黒ボコ下の斜面も頂く。K畑先生に遭遇。頑張ってね!その後は斜面を滑ったり、トラヴァースしたりと気持ち良くブッ飛ばし甚之助避難小屋をパス。此処からはあまり雪が無いので藪漕ぎしたりして斜面を縦横無尽に滑り、別当覗からは登山道の面影を滑る。狭い登山道を何とか危なげなく滑降。こういった滑りもなかなか面白い。
中飯場を過ぎる手前から滑走面は何度か石を踏み傷が付いているだろうと少しブルーになりつつ、カミさんに申し訳ないと思いながら、人の板だしイイやと勝手に思い更に石(地雷!?)の隠れた登山道をかっ飛ばし吊橋上の急な階段のところまで滑って来た。
スキーを脱ぐ際に滑走面を見ると新たに出来た傷跡が数か所発見…。こりゃチューンナップしないとマズイと言った様相。


 黒ボコ下の斜面。今日は気温が低く雪の状態もバッチシでした。

 
 中飯場過ぎても登山道を滑りました。スキーはキズだらけ…      別当出合からは林道を滑降(漕ぐ)です。

その後はスキーをザックに付けて、別当出合からはスキーで林道を漕いで行きました。そして風嵐ゲートに13:45着お疲れさまでした。
今日は好天のもと大好きな白山に登れて幸せでした。本当は11月に来ようと思っていたけど雪不足のため今日になった。今シーズンは雪降ってくれるかなぁ・・・

家に帰ると、源次郎はサンタからプレゼントが届いていた!!サンタへの手紙とおりの品が届いていたと喜んでいた。小学校3年生でも、まだサンタの存在を信じている我が子を見て、ハロウイン等様々な文化を許容しバカ騒ぎしている日本にもこういった子供たちに夢を与えるイベントもなかなかイイもんだと思ひました。ボクにもサンタ来ないかなぁとふと思いました。
都会に住んでいる友達の子供は小学校1~2年で既にサンタの存在は信じていないと聞いた。それに比べて源次郎は田舎者なので、そういった情報が入って来ないのかなぁとも思いつつ、これを知った時どういう反応を示すのだろうか・・・。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

例会山行でナメコ採り

2016年12月11日 | ひとりごと

 白倉岳山頂で記念撮影!こうやって皆とワイワイ登る山もとっても楽しい!

今日は福井山岳会の例会山行(12月担当はH川さん)で、京都北山の白倉岳に行ってきました。
もちろん皆の狙いは「ナメコ」をゲットする事。

朝、福井に集合し2台に分乗し熊川宿で3人と合流し13人で朽木村井に到着です。
ちなみにメンバーはH永、H川、K尾、Y本、8原、T内一、K林、T内敏、Y田紀、3T村、O橋、ボク、カミさんの久々の大人数での山行!

8:05朽木村井の集落の道路に路駐し出発です。最初は急な林道を歩き尾根についた登山道を歩きます。大勢の仲間と他愛もない話題で盛り上がりながら楽しく登りました。
先日までネパールに行ってた8原さんや3T村さんの話はとても面白かった…。
次第に雪が深くなりもう冬山の様相です。もうナメコ無いかなぁと思いつつ後続を待ってるとO橋さんが袋いっぱいに取って来たようだ。羨ましい…。その後ボクも取ったけど茶碗一杯分くらい。周囲を目を皿にして捜索しながら登るも10:55白倉岳(949.7m)に到着してしまった。
 
 路駐して出発!ここから登山口まで3分        雪の中を「ギュ…ギュッ」と音を立て登ります

気を取り直し、皆で楽しい昼食!雪の中の飯は旨い!

そして帰りは登山道を下りず、山頂からそのまま東に延びる尾根(509.6mの4等三角点を経由する尾根)をナメコ捜索で下山。最初は石楠花の激籔でテンション下がりますが、徐々に薄くなり、楢の朽ちた木々が散見できる尾根になって来た。

やはり、登山道じゃないので誰も入っていない。目を凝らして注意深く下りると、そこかしこに、たわわにナメコが貼り付いている。皆目の色を変えて我先にとダッシュして転倒したりと争奪戦になったが、結局、大量に採れたので皆で木を譲り合って仲良く袋一杯に収穫する事が出来ました。
 
 枯れた楢の幹に張り付いた「ナメコ」見るからに美味しそう!    カミさんも満面の笑み!

ボク達家族は買い物袋半分程度で満足でしたが、2袋も採るツワモノまでいました。いやぁ~皆、餓鬼の様に採る様は滑稽だし愉快でした。

そして13:45尾根から出て道路着。放し飼いの犬に追いかけられビビること、道路を歩いて13:55車の元に到着。お疲れさまでした。

帰る途中、今話題のマキノのメタセコイヤ並木を見て帰りました。もう紅葉は終わり、葉がけっこう落ちてました。そういえば昔、自転車で通った時は新緑で良かった…。
 
 最近SNSで有名になり観光客でごった返していたメタセコイヤ並木     雪やゴミを取りキレイになったナメコちゃん。

今日もナメコ大量にゲット出来、山の恵みに感謝でした。そして家では定番の「ナメコおろし(納豆入り)」と「ナメコ鍋」を頂きました。超美味しかったです。
 
 ナメコおろし(ポン酢で味付け)            ナメコ鍋(大根おろしとポン酢で頂きました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加