元:店主の独り言

ほんの些細なこと勝手気ままに書いてます

おばさんデカ

2017-05-13 | Weblog
昨夜、おばさんデカ、市原悦子主演のドラマが最終話として放送されました。
功績を讃えるべき作品なのでクレームをつけたくないのですが…
どう考えても無理・矛盾だらけで…
元警官である桜乙女が隣人を殺したとして冤罪なのに服役、殺人なのに4年で出所、出所後その日のうちに関係者が殺されて再び指名手配、被害者の子供を守るために連れ回し…
不自然さを感じながら最後まで見ていました。
やはり功績を讃えるべきなのだろう。
脚本が問題なのだろう、市原悦子さんに責任はないのであろう。
最終話、残念だと思ったのは私だけだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気予報の精度 | トップ | 夜9時少し前の迷惑電話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL