元:店主の独り言

ほんの些細なこと勝手気ままに書いてます

金券ショップ

2016-11-26 | Weblog
先日ある使用予定のない金券を新宿の金券ショップに売りました、半年前にも売っています。
半年前には1枚3,000円で買い取ってもらいました、今回は新宿の同じエリアの別の店に入りました、1枚2,600円だと言われました、前回よりもだいぶ価格が下がったな…と思いましたが、妻を外で待たせていましたし、近隣のどの店でも大して価格は変わらないだろうと思って了承して売却しました。
その価格について、元常連さんでお友達の○さんにLINEで連絡を致しました。
翌日○さんから連絡が入りました、その方もその金券を持っていてそれを売却したのです、1枚3,500円だったと申し訳なさそうな口調で。
ちょっと驚かされました。
100~200円程度の差はあるかと思っていました、でも3,000円程度のもので900円の違い…、私はほとんど騙されたような状態です。
今更それをどうにか出来るわけではありませんし、するつもりもありません、自分が甘かったのです。
次回は必ず何軒か合い見積りを取ってから売却するようにします。
こういう場合は、「待てよ、それが最適か?」と今一度確認することが必要です、そう勉強させられました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の朝より寒い | トップ | その後、店の跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL