落花流水

落花流水な話題

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代画報社の取材 調査捕鯨への妨害は毅然とした交渉を望む

2010-01-29 10:28:23 | 日記
先日起こった調査捕鯨の妨害事件ですが、事件を起こした当事者は戦争という様
に考えているのかもしれません。まさに、クジラを救うことための戦争です。彼
らの主張によると、日本は国際法違反の捕鯨を繰り返しているとの事です。ま
た、今回の事件は、日本の捕鯨船がシーシェパードの船に故意に衝突してきたそ
うです。オーストラリア政府に対して、海軍の船を送って、捕鯨をやめさせるこ
とも依頼しているそうなので、かなり狂信的な組織との印象があります。現地の
マスコミの報道では、この件に関しては大々的に報道されています。内容的に
は、一方的に日本を非難する内容がおおいみたいです。国際ジャーナルなど、日
本のマスコミにおいても、今回の事件への日本としての考え方をはっきりと表明
するべきではないかと感じます。このような事件がおきると、日本は外交と交渉
が下手という点がクローズアップされます。日本の世論としては、調査捕鯨に対
する妨害行為は理解できないという意見が大多数を占めています。国際間のトラ
ブルでは、まずは自分の主張をはっきりとするところから交渉が始まります。相
手の出方を伺って穏便にすますという、日本的な考え方は理解してもらえませ
ん。その点を考えて政府にも対応してもらいたいと思います。






経済情報誌 報道ニッポン 2008年8月号のご案内 | 報道通信社
nyao.weblog.am
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
国際通信社を読む、続・取材
現代画報社 高齢者を襲う事件(詐欺、火災、地震)
気ままに国際通信社
取材商法とは? 東京 国際通信社 報道ニッポン 取材 国際ジャーナル 報道通信社 今、評判の雑誌って? 取材費 国際通信社って タレントがインタビュアーになり取材します 名古屋 発行部数が3万部以上 現代画報社 民法 大阪 掲載料 刑法 現代画報 商法 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代画報社の評判 ハイハイ詐欺 | トップ | 国際ジャーナルの取材 化粧で... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。