朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

講義のレジメ

2017-02-13 | もろもろの事

記録のため、文字数がかなり多いですが掲載しておきます。近い将来に電子書籍にして文章化したい希望をもっています。

東工大のプロイジェクト21世紀COEにより、米国Rice大学(ヒューストン)を学生と研修訪問した際、近隣のNASA宇宙センター見学の記念写真

~~

最終講義レジメ                                                          :大谷大学 慶聞館(K204) 2017年2月11日

 

ICTの進化と共に歩んで」

                大谷大学 文学部人文情報学科 特別任用教授 池田佳和       

 

第1章     情報技術史

 

1         イノベーション1:文字 情報記録

1.1       文明の誕生:集約農業、都市(王朝成立、階級分化)、金属器、文字(=情報の表現)

1.2       文字の発明(記録、書記職の発生):メソポタミア、エジプト、インダス、黄河 

・シュメル:人類最古文明、ウルク古拙文書(3200BC)、ギルガメシュ叙事詩(アッカド語)

・フェニキア文字(音素文字)、ラテンアルファベットやギリシャ文字:西欧に拡散

 

2        漢字:東アジアの共通言語(表意文字、表語文字)>文書言語として、広く普及し定着

2.1       甲骨文字[亀甲獣骨文](殷墟、14世紀BC)、金石文、「説文解字」(100AD、9353字)

2.2       日本への伝来:吉野ケ里遺跡連弧文鏡(1世紀BC)、志賀島金印(57AD)、七支刀(4世紀)・・卑弥呼(邪馬台国3世紀)は漢字が書けたか? 

2.3       王仁(わに)「論語」「千字文」(百済から5世紀渡来)、史部(ふひとべ)、和化漢文:稲荷山古墳出土鉄剣銘(471)、純正漢文:倭王武の上奏文(国書)(478)、五経博士(儒教)

2.4       仏教伝来(538/552):欽明天皇へ百済聖明王から丈六仏像と仏典が献上、新興の蘇我氏が信仰。用明天皇が帰依、飛鳥時代その子の聖徳太子(女帝推古天皇を補佐)が中央集権国家(十七条憲法)・大陸文化導入・仏教興隆、漢字漢文の定着

 

3         イノベーション2:メディア  記録媒体

3.1       紙の発明:中国(150BC)、大陸経由でイスラム・欧州へ、日本:7世紀までに百万塔 陀羅尼(ひゃくまんとう だらに)法隆寺、世界最古印刷物

3.2       パピルス:エジプト、アレキサンドリア図書館(300BC~5世紀、アラブ文化・科学の知識集積)、以降科学の暗黒時代(キリスト教の学術研究支配、天動説、十字軍、魔女狩り)

3.3       グーテンベルク活版印刷機(15世紀、ドイツ、金属活字):聖書印刷、プロテスタント成立、書籍、新聞(マスメディアの端緒)・・木版印刷は既に存在していたが

 

4         イノベーション3:電気通信  情報伝達

4.1       マラソン:450BC名将ミルティアデスはマラトンでペルシャを撃退した。その知らせを伝令フィディピディスに託しマラトンから約40km離れたアテナイ(現アテネ[ギリシャ])までを駆け抜け「我勝てり」と告げた後に力尽きた

4.2       暗号:シーザー暗号(1世紀BC)、伝令に託した文書を秘匿する文字置換暗号を発明

4.3       伝達手段:使者、手紙、飛脚、早馬、駅制、伝馬制、旗振り、のろし(狼煙)

4.4       腕木通信(テレグラフ):フランスでは全国土に整備、テレグラフ・ヒル(サンフランシスコ)

4.5       電気磁気の発見:B.フランクリン(雷実験1752)、マックスウエル(理論1864年)

4.6       有線通信:ボルタ電池、モールス電信事業化(1844)、海底電信ケーブル、大英帝国・植民地通信

4.7       無線通信:ヘルツ実験(1884)、マルコーニの無線通信事業化、タイタニック号の悲劇(1912)

日露戦争日本海軍勝利の一因、戦争で軍事技術として進歩

 

5         イノベーション4:コンピュータ  機械式から電子式へ

5.1       C.バベッジ:階差機関(19世紀後期、英国)計算機の父だが機械は未完成(電子式ではない)

5.2       Ada(エイダ・ラブレス:初のプログラマで女性)、英国詩人バイロンの娘、バベッジ機関論文(自著)にプログラム記述

5.3       世界戦争(20世紀)が勃発、無線通信で暗号通信使用、敵は「解読」努力>情報処理システム急速進歩

5.4       エニグマ(ドイツ暗号機):天才アラン・チューリング(英)が解読機械開(電気機械式)

5.5       Colossus(コロッサス):別のドイツ暗号の解読システム(英)、(電子式、戦後も長く秘密)

5.6       ENIAC:戦後いち早く完成した電子式(真空管)コンピュータ(米、ペンシルバニア大学)

5.7       フォン・ノイマン:(現代)計算機原理の提唱、オーストリアから移住したユダヤ人天才(数学・物理)、原爆開発にも参画

5.8       トランジスター発明:ショクレーなど(真空管の置換、故障率圧倒的改善、桁違い小型化・省電力)、IC発明

 

6          イノベーション5:電話

6.1       電信(電報)から電話へ:自分の声で会話(通信士不要)、アメリカで大発展、巨大企業誕生“Ma Bell”(現AT&T)、ベル研究所(ノーベル賞多数)、シャノン(情報伝送理論)

6.2       長距離電話(国内)、国際電話:当初は交換手(女性)が接続

6.3       自動接続(ダイヤル通話): エピソード1

 

7         イノベーション6;放送とマスメディア

7.1       ラジオ:安価で広範囲の広報手段として拡大、その後に娯楽に(音楽、ラジオドラマ)

7.2       テレビ:アナログFM波から、現在では地上波デジタル、人工衛星(BS、CS)

7.3       映画:現在では映画館放映もデジタル媒体で実施

 

8         イノベーション7:通信衛星

8.1       静止軌道衛星(SF作家アーサー・C・クラークの小説)、距離の克服

8.2       大陸間弾道ミサイル発射実験(米ソ)、アポロ計画でロケット技術進歩

8.3       人工衛星の平和利用、その用途拡大・・GPS、気象衛星、偵察衛星

 

9         イノベーション8:アナログからデジタルへ

9.1       ICコスト低下ムーアの法則)、メモリ素子の劇的価格低下、信号処理の高速化

 

10      イノベーション9:光ファイバー

10.1    カオ博士理論(1965年)、コーニング社原型ファイバー成功、開発競争、超低損失達成

10.2    NTT研究所高性能ファイバー作成方法(1977年)、光素子高性能化(東工大、KDD)、ケーブル実装技術、光海底ケーブル(大洋横断)

10.3    FTTH推進(住宅、事務所ビルへの光ファイバー設置)(従来の銅線電話線を置換)

 

11      イノベーション10:インターネット

11.1    冷戦時代(米ソ):核攻撃に一部は生き残れるネットワーク(分散制御)、パケット、V.サーフとR.カーンARPANET実験(TCP/IP、1974年)

11.2    WWW(ウェブ)とGUI(グラフィック・ユーザ・インターフェース):プログラミング技能不要

11.3    “Last One Mile”問題:ADSL エピソード2

11.4    Wi-Fi、携帯電話無線、G3、LTE、G4(無線技術の飛躍的進歩)

11.5    電話、ファックス、写真、動画までインターネットで運べる(2000年以降):エピソード3

 

12      イノベーション11:検索サービス(広告モデル)

12.1    Yahoo!誕生、Google誕生:なんでも「無料」革命

12.2    Amazonネットショッピング時代開幕

 

13      イノベーション12:ソーシャルメディア、CGM(消費者発信メディア)

13.1    Web2.0、Twitter、Facebook、Mixi、LINE、モバゲー、、

13.2    読者投稿サイト(CGM)、口コミサイト:YouTube、食べログ、カカクコム、クックパッド、、

 

14      イノベーション13:スマートフォン、タブレットPC

14.1    iPod、iPhoneiPad、タブレットPC

 

15     これからのICT・・ クラウド)、ビッグデータIoTインターネット・オブ・シングスクラウドソーシングAI人工知能)、ロボット など

 

以上

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「最終」講義 | トップ | 八坂の塔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む