朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

とても珍しいバス停留所

2016-10-13 | 京都の文化(秋)

大原からの戻りは、静原と市原を経由しました。

その峠が、絵文峠(えぶみとうげ)。

全国の路線バス愛好者にはよく知られている、非常に珍しいバス停です。

なぜならば、

バス停の掲示を拡大します。

つまりこの路線は、1年に1回だけ走ります。春分の日の午前、大原から鞍馬まで。逆コースはありません。

絵文峠には小さな神社があり、ここからハイキングコースの始点にもなっています。

地図で示すと、この赤い矢印の場所です。京都市内からの通常のアクセスは、京都バスで高野川に沿った国道367号線を南北に走ります。(http://www.mapion.co.jp/map/)

この峠の西側には静原という集落があり、盆地の風景は大原と同じ。しかし有名寺院が無いため地元民だけにしか知られていません。道路を走ってみると二三の老人ホームができていました。

少し走ると叡山電車の駅がある市原に出ることができました。

このバス路線(京都バス95系統)のwebレポートが見つかったので、リンクしておきます。

http://portal.nifty.com/kiji/160323195976_1.htm

**

追記;

この「大原から鞍馬まで」のハイキングコースは、「京都一周トレイル」の一部にもなっています。それを歩いた私のブログは下記です:

http://blog.goo.ne.jp/geneve1992/e/c6f99ae9c731b97f7b437c91efd37d50

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大原の秋2 | トップ | 考古学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む