朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

大原の秋

2016-10-11 | 京都の文化(秋)

10月10日、好天に恵まれたので大原を散歩してきました。

この川、高野川が流れ下って、出町柳(通称出町デルタ)で賀茂川と合流して鴨川になります。

猫じゃらしの一種かな。

赤トンボ、ですが、それほど赤くない。

どんぐりコロコロ どんぐりこ お池にハマってさあ たいへん・・・訂正 どんぐりこ → ドンブリコ orz

まだ少しだけ咲いていました。

耕作放棄畑のコスモス。

この山の右手に江文峠があり、静原から鞍馬へ抜ける道路があります。

柿も色づき始めています。

ひこばえ(孫生)の稲。 ずいぶん前に稲刈りをしたのでしょう、かなり大きくなっています。

役目を果たし終えた案山子たち。

高野川、あるいは大原川。 右手の民家はお土産屋がつぶれて空き家だったのですが、一昨年ころから、ランチを出すおしゃれなカフェとして再生されました。大原バス停から寂光院に向かう歩道沿いですが、付近に飲食店がないので、休日にはとても繁盛しています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の雲 | トップ | 大原の秋2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どんぶりこ? (りんご)
2016-10-11 11:24:44
朝顔様
当地も爽やかな日本晴れです、
日中の最高気温で18度です。

私も長年🎵どんぐりこと歌ってました。
どんぶりこ🎵
Re:どんぶりこ? (geneve1992)
2016-10-11 11:48:57
確かに! 入力していて、変な感じがしました。ありがとうございます😊
一句 (りんご)
2016-10-13 07:24:29
20年ほど前に畔を埋めつくす彼岸花の光景に息をのみました。
その折の一句が甦りました。

この畔も比叡の裾野まんじゅしゃげ
                  (りんご)

尚この駄句は朝日新聞地方版に掲載。

尚 白状すれば、これはかの有名な
森澄夫の
「西国の畔まんじゅしゃげまんじゅしゃげ」からの本歌取りです。
Re:一句 (geneve1992)
2016-10-18 07:22:52
俳句は世界でも珍しい超短文詩。郷里が芭蕉さんの誕生地なのです。小学校、中学校から俳句を作って投稿させています。初心者からベテランまで楽しめる文学ですね。

コメントを投稿

京都の文化(秋)」カテゴリの最新記事