朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

白山市

2017-06-15 | 国内各地の風物

金沢市の西南にあり、白山の山頂から日本海海岸までに広がる山、川、扇状地、海岸からなる白山市に調査旅行してきました。(旧松任(まっとう)市を中心に合併)

学術NPOのグループメンバーに地質学の研究者がいるので、その方に紹介してもらって「白山手取川ジオパーク」を視察しました。

さて、ジオパークとは何か? いわゆる「遊園地」ではありません。

 大地があって、その上に自然(動植物・エコロジー)があり、人の生活・歴史・文化・産業が栄えています。これらを学び、楽しむ、保護し研究する概念です。

東京から来たメンバーと金沢駅で待ち合わせして、レンタカーで白山市の市役所に向かいました。

ジオパークに協賛する自販機があり、売上の1~2%がこの活動に寄付されているとのことでした。

市役所にある事務局で課長さんらに挨拶。その後、場所を変えて、担当の方から活動状況などを説明してもらいました。

 

 JR北陸線の松任(まっとう)駅の駅前にある「松任ふるさと館」の座敷を借りて打ち合わせ会です。

地元の事業家が戦前に建てた大きな民家です。

立派な庭には大きな錦鯉がたくさん泳いでいます。

この町の歴史上の有名人は「千代女」、俳句

「朝顔や 釣瓶(つるべ)とられて もらひ(い)水」

の作者です。(江戸時代の俳人、加賀の千代女

朝鮮通信使によって彼女の俳句が海を渡って、朝鮮にまで伝えられたとの記録があります。

朝顔が、市の花になっています。

打ち合わせのスナップショット

打ち合わせが終わってホテルに戻り、皆で夕食に出かけました。

ジオパーク視察の重要な一つのイベントは、大地と自然が生み出す名物の食べ物を味わうことです。

海で取れる地魚の刺し身に、

ふぐの卵巣の糠漬け、石川県にふぐの水揚げの有数の港があるそうです。でも、卵巣て、無毒なのかしら、こわごわ味わいました。 まあ、塩辛くて、味はよくわかりませんでした。

アジの塩焼きも頂きました。

お酒は手取川の吟醸酒で、ゆっくりと味わいました。うまい。

翌日にジオパークの名所を実地に見学しました。(つづく)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビール値上げ | トップ | 白山市2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内各地の風物」カテゴリの最新記事