朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

杜若

2017-05-20 | 京都の文化(春)

京都市の南にある城陽市、豊かな湧水を利用して花卉栽培が盛んな場所です。

カキツバタの花が畑に広く咲いているとの新聞記事をみつけて、行ってみました。(誤記訂正済[ショウブではないようです])



「花の小径」と名付けて畑の中に細い道が続いていました。道標や案内板は殆ど無いので、近くに行ってから迷いました。



明るい紫が、暑い太陽に照らされて輝いていました。(5月19日)



周辺には柿の畑。



柿の花。



桃の実。



ねぎぼうず。



じゃがいも。新じゃがいもの季節です。



紫蘇。



イグサ。畳表の材料になります。

中学生の頃、広島県の瀬戸内海沿岸の町に住んでいました。当時、イグサの栽培が盛んにおこなわれいました。現在、どうなったのでしょうか。

~~

上記の写真は、すべて iPhone7Plusで撮影しました。最初の写真「ショウブの花」の後背のぼかしは、iPhone7の「ポートレート」機能を使っています。iPhone7の後ろについている2つのカメラを使用した画像処理です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩仙堂 | トップ | 南山城村「道の駅」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む