朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

「無知な」高校生たち

2018-02-08 | もろもろの事

最近、変だなと思うことの一つです。

この吉野家の牛丼(380円)を無料で食べられるクーポン券を、先日のスーパー金曜日に、某SB携帯電話会社で契約者に配布したとのこと。この写真はFB友人から許しを得て再掲しました。

高校生は2杯もらえるそうです。年齢は携帯電話の契約時に大手3社の場合には携帯会社に登録するようになっているので、それでわかるようです。

そのせいだと思われるのですが、下校時間には牛丼屋に長い行列ができていたとのこと。ドーナッツやアイスクリーム屋のクーポン券を配布する金曜日もあります。

**

私が「変だな」と思うのは、毎月1万円に近い数千円を支払ってSB社やD、Aの大手会社と契約している人は、格安携帯会社にチェンジすれば、ほとんど同じアプリが使えて性能もたいして変わらずに、支払い金額は半額程度になるのです。(但し元のケータイのメールアドレスは使えなくなります)

例えば、

 

 引用:http://blogos.com/article/275877/

こんなブログ記事があります。

そもそも、高校生たちや大学生は小遣いが少ない人が多い、その中から1万円近いケータイ代金を支払う、そのために音楽CDやDVDが売れない、マンガ週刊誌が売れない、映画に行く人が少ない・・・アルバイトを優先するあまりに大学の授業に出ない(あるいは予習復習しない)ようなことが社会的な問題になっています。

格安ケータイ会社(MVNO)であっても、無線伝送システムは大手3社のネットワークを借りて、それを自社ブランドと独自販売網を使って契約者を集めいています。

携帯電話事業を監督する「総務省」でも、こんな事態に強い懸念を抱いていて、MVNO企業の経営環境の支援をしていますが、一般消費者にそのメリットが浸透しません。

まあ自分で稼ぎがある社会人は、割高であっても自分が好きなブランドを選んでいいと思います。化粧品や衣料品、レストランなどと同じですね。

日本の高校生や大学生たちの「経済合理性」の感覚はまったく「ガラパゴス」です。実際、iPhoneの市場占有率が大きいのは日本だけです。日本以外の全ての国では、アンドロイドOSのケータイ電話(スマホ)がApple社製品より大きな割合を占めています。

多分、日本の若い人の「横並び志向」と「安物をつかうと恥ずかしい」(「恥」の概念の拡張)との思いに捉えられているのだろうと思います。

さすがの総務省も、次期に新しい携帯電話に適した電波帯域の割当については、色々と検討していると想像できます。噂によると、あの「楽天」が携帯電話事業に進出して電波申請するのではないかと12月中旬ころから言われはじめました。

そのせいで、

大手携帯電話会社の一つ、KDDIの株価が12月に大きく下落しました。

以前に参入したSB社は、新参入の始め数年間は価格競争して値下げを大きくPRしていたのですが最近は本気で値下げはしていません。実質値下げは、子会社のMVNOへの誘導だけです。(SBはYahoo!モバイルへ、AUはUQモバイルへ)

ここに楽天が新参入すると、値崩れが起こると思われていて、KDDI株価が下がりました。実際そうなるかどうかはわかりませんが。

**

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

RFID

2018-01-22 | もろもろの事

先日、マレーシアへの出張の際、香港空港で飛行機の乗り継ぎをしました。

帰宅してスーツケースを見ると、こんなシールが張ってありました。

縦が約4cm、横が約10cmです。HKIAの文字が印字されていて、英語と中国語の小さな文字で「このラベルはHK国際空港での荷物の識別に使用されている」と書かれています。

剥がして裏をみると、

銀色の金属薄膜のパターンがプリントされていました。

さらに、こんな文字が裏印刷で読むことができました: www.jgrfid.com

FRIDというのは、無線電波を利用して識別情報(ID)を読み取る方法です。

バーコードやQRコードと同様な機能ですが、情報量を多く伝えることができるほかこんな特徴があります。

バーコード・QRコードでは、貼り付けた場所をスキャナー(赤色光線などを当ててパターンを読み取る)か、最近のスマホならば所蔵カメラで撮影する方法で情報を取得します。

しかしこの方法は弱点があって、コードが印刷(シールの貼付け)してある場所を正確に指示しなくてはなりません。その作業をさらに大量にかつ高速に実行するためにRFIDが発明されました。

上記の www.jgrfid.com を見てみると、RFID応用を専門とする会社でした。そのサイトには、

こんな写真が掲載されています。ベルトコンベアで流れてくる荷物を機械で仕分けるシステムです。荷物の形や大きさが色々であっても、無線電波でIDを読み取るので、最大数メートル離れていても大丈夫。

空港の荷分けだけでなく、倉庫の在庫管理、工場の原料、部品、製品などの仕分けに活用されています。もともとは、膨大な種類と量を扱う米軍物資の調達や在庫管理を自動化、正確化するために開発されました。

冒頭のHKIAのシール裏面をクローズアップした画面で、

幅の広いパターンはアンテナです。真ん中にあるさらに小さな黒い部分にICチップが埋め込まれています。このICを駆動するための電池は内蔵してありません。その電力エネルギーはアンテナで受信する電波から受け取る方式となっています。

十数年前にRFID専門家に大学に来てもらって講義してもらった時の説明では、ICチップ1つが5円くらいのコストがかかるが、それが1/10になれば普及すると話していました。5円でも、上海万博の入場チケットなどですでに実用になっていましたが。

実は、現在、我々の多くが日常的に利用しているJR系や私鉄・バスのICカードにも同じ原理が使われています。

http://www.jreast.co.jp/suica/whats/merit.html#anchor-1

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西郷(せご)どん by林真理子

2018-01-12 | もろもろの事

今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の原作が、林真理子氏だと気が付きました。

家族が旅行のついでに買って持ち帰った週刊誌に「林真理子x中園ミホの対談」が掲載されていて、それを読んだからです。

林さんの小説は、まあ昔に少しだけ読んだことはありますが、全く好みのタイプでは無いので最近は作品を全く知りませんでした。文春記事によれば、4年前に江戸幕府最後の将軍徳川慶喜と妻の美賀子を主人公にした小説「正妻」を書いたことが、歴史ものの最初だったそうです。しかも、歴史もの執筆を勧めたのが、NHKテレビの歴史番組によく出演する磯田道史氏だったとか。

昨年の大河ドラマはその設定からして(突拍子ないよに思えて)興味がわかなかったし、配役にも魅力を感じませんでした。

ですは今年は、数年前の朝ドラ「花子とアン」共演者の鈴木亮平氏が主演。最近知ったのですが、彼は東京外語大卒で英語・ドイツ語も上手だそうで、体格がいいだけでなくインテリ俳優なことにびっくりです。

近所の図書館で借りてきました。

さきほど、上巻を読み終わったところです。

上巻の前半は、当時京都に住んでいた公家の日常と、公家の娘の成長とその気持ちや武家を少し下に見る伝統などを淡々と綴っていて退屈でした。ですが、後半は状況が刻々と変化した場面になりました。上巻の最後の章で、江戸の町火消しの大親分とその娘が登場するあたりから非常にテンポの早い活劇的展開になって、とてもおもしろく読むことができました。

さて、明日から後半を読むことが楽しみです。

**



 ※週刊文春 1月4日・11日号(2018年)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状の隠し文字

2018-01-10 | もろもろの事

インターネットで遊んでいて、こんな記事を見つけました。・・日本郵便の年賀はがきに、隠し文字が印刷されていると。

慌てて、受け取った年賀はがきを眺めてみました。


どこに隠れているか、わかりましたか?

::

::

まずは、上の部分に犬の鼻がデザイされていて、その鼻の穴が「フ」と「じ」の文字になっています。

次に、

「年賀」の文字のすぐ上が犬の足跡のデザインですね。



その爪の部分に、F U J I のローマ字が逆さまに書き込まれていました! 

 これも富士です。

3つめが難関です。

::

2018の数字の上に、7本の縦線が印刷されています。上の写真は拡大して、みぎに90度回転してあります。

その内の右から3本目と一番右の線をよく見ると、

「あけまして」 「おめでとうございます」

でした。スマホカメラの限界ですが、虫眼鏡を使って自分の目でみてください。はがきの紙の繊維の凹凸があるのであまり鮮明ではありませんが。

ネット記事では、もう少しはっきり撮影されています。

https://grapee.jp/440880/2

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「オリエント急行殺人事件」

2018-01-09 | もろもろの事

この映画を見に行きました。

 http://eiga.com/movie/86304/photo/

アガサ・クリスティの名作です。原作のあらすじやトリックは概ね承知していたし、翻案された日本作品もテレビで見た記憶があります。

ですが、さすがに映画の大画面で風景の映像も素晴らしく、俳優たちの演技も充分に楽しめて、ハラハラ、ドキドキの2時間でした。

出演者のセリフの英語もわかりやすく、明瞭な英国英語で聞きやすい作品です。英語の勉強にもいいかもしれません。

イスタンブール(トルコ)発、ユーゴスラビア、イタリア等を経由してパリ、カレー(ドーバー海峡)、連絡船でロンドンへの急行豪華寝台列車の旅。イタリアに入国する前の山岳地帯での雪崩に列車が巻き込まれて事故停車してしまいます。 ・・素晴らしい雪の高山の谷間を列車が走り、スイスかなと思ったのですが、トリノ(イタリア)での学会に参加する教授が乗っているのでやはりスイスにはまだ到達していないのでしょう。

蛇足ですが、アジア版オリエント急行に乗ったことがあります。十年以上も前のことですが、シンガポールからバンコックまでの豪華寝台列車で食堂車も連結していました。バンコックでは、例の「オリエンタルホテル」での宿泊もセットされていました(シンガポールでも同系列ホテル)。私の(最初の)定年退職(転職?)のお祝いとして家族たちと一緒に旅行しました。良い思い出です。

https://www.belmond.com/ja/eastern-and-oriental-express/

**

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学生や幼児「大人になったらなりたい職業」

2018-01-08 | もろもろの事

男子の1位は「学者・博士」、女子は「食べ物屋さん」だとか。(第一生命調べ、1月5日京都新聞)

男子の「学者」1位は15年ぶりだとか。ノーベル賞受賞者の影響でしょうか。2017年は日本生まれのイシグロさんで作家(学者とほぼ同じ)、2016年は生理学・医学賞大隅良典氏、2015年の受賞者は生理学・医学賞に大村智氏と物理学賞に梶田隆章氏でした。でも、野球選手(サッカーを抜いた!)やサッカー選手より多いのは、本当かな? 電車バス運転手が低いのは、これも疑問。

女子の食べ物屋さんは、何を指しているんだろう。お母さんの料理かな? 看護師さんや学校・幼稚園の先生は自然な選択ですね。薬剤師さんがここにはいるのはなにか不自然、医薬分業が徹底してきて薬局の認知度が向上した証明かな?

女子に「学者・博士」が無視されているのは、大きな問題です。ジェンダーの役割がこの世代に刷り込まれている、親、祖父母、先生たちにそのマインドがあるからでしょうか!

特に、理工系の職業への意識がこの表の女子には全くないこと(医療系以外で)。「三つ子の魂 百まで」ですから。

ただし幼稚園児と小学5,6年生では問題意識が大きく変化するでしょう。特に都会の中産階級家庭の子女は中学入試勉強が始まるので。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Citibank

2018-01-06 | もろもろの事

シティーバンク銀行、米国系の銀行です。20年以上前に東京・大手町に勤務地があったとき、昼食時の散歩でこの外資銀行が大通りドンと店舗を構えているのをを見つけました。おしゃれな美しい広々としたオフィスが魅力的でした。女性店員は美人ぞろい。

そんなことからドル建て預金に興味をもち、口座を作って外国投資信託を購入してしまいました。日本のバブル経済が破綻しそうな頃でしたが。まだ円高だったと思います。

外国に出張や旅行したときに、この銀行(や提携銀行)のATMが多数あるので現地通貨での引き出しに便利だと思ったことも理由でした。

数年前、Citibankは日本での個人向け事業から撤退して、その商権をSMBC信託銀行(三井住友系)に譲渡しました。

昨年あたりから、銀行口座やクレジットカード(特に年会費有料のもの)などのダウンサイジング(口座を閉鎖して取引先を絞る)を徐々に進めています。Citiも長年使っていないので、新年をきっかけとして解約しに出かけました。幸い、京都には四条烏丸に支店があるので、初めて訪問しました。普通の銀行とは雰囲気が違い、1階の受付で用件を言い、受付カードをもらって2階ロビーに案内されました。数人のお客が待っています、半分くらいは外国人。ガラス張りの応接室が幾つかならんでします。

待つこと20分くらいして、ガラス張り応接室に通されて中年女性店員がその後の手続を案内してくれました。

最初に購入したドル建て投資信託は数年前に突然、終結・精算の通知があってその売却金額はドル普通口座に入っていました。ドル投信の買い替えを失念していたので、最近1年位のドル株式の値上がり益を得ることができなかったので残念。(案内店員からも、今年は米国経済が上向きなので、ドルを継続しませんかと勧誘あり)~ ですが、最近の円安成果でこの20年のドル建て貯金で2割くらいの利益があったことで一応満足です。

外国旅行した場合、現地で通貨引き出しは、現在では大手国際クレジットカードで簡単に可能になっています。その手数料も合理的で円の現金を現地通貨に換金する場合、2割くらいの手数料(相当)が必要です(ドル、Euro、ポンド以外)。クレジットカードでの現地引き出しは、買い物時の外貨換算(銀行間レート+3%くらい)に、キャッシング(借り入れ)利息の1ヶ月分(年利の1/12=2%くらい?)です。

外資銀行と付き合って、日本の銀行との違いが色々とありました。まず、印鑑なし(サインだけでOK)、通帳なし(記録を定期的に郵送してくるので、自分でファイルする)。口座維持手数料2000円(毎月)必要、ただし預金残高がある程度以上ならば無料(50万円?)。

合理的運営に徹していますね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ペナン島(マレーシア)1

2017-12-23 | もろもろの事

 

11月上旬にマレーシアで開催されたIEEE Tencon2017会議で論文発表するために出張しました。関空から香港経由のキャセイパシフィック航空便でペナン島の空港に向かいました。

・・ところが、その日到着予定時刻にペナン空港が悪天候なため着陸できないと何度か機内アナウンスがあり、同じような場所を旋回し始めて天候の回復を待っていましたが。

機長と運行本部の判断で首都クアラルンプール(KL)空港に向かいました。ここは天候もよくて無事到着。ここまでのストーリは、しばらく前にこのブログに書きました。

 数時間をKL空港の国際セクションで時間を過ごして、午前2時過ぎにKLを離陸。30分くらいで今回は無事にペナン島に着陸しました。飛行機のクルーは、KLで交代していました。もともと交代要員が同乗していたのでしょうか(ペナン>香港の帰路便のため)。

多くの飛行機がこんな真夜中にペナン島空港に到着したので、タクシー乗り場は長蛇の行列でした。乗り場にデスクがあって行き先別に事前チケット購入制でした。

ところが、大雨のため「フラッド、フラッド」という言葉が飛び交っていて、地元の到着客も何人も迎えの車を待っていました。タクシーは時々しか戻ってきません。そこで、タクシー案内所の人が、行列に並ぶお客に声をかけて同じ方角の人を相乗りをさせていました。私は一人だったので、20人くらい飛び越して、先客カップルに乗せてもらうことができました。ここまでは、ラッキー!

道路の至る所が冠水していて、何度も迂回して走りました。乗車するときに運転手に、ジョージタウンのブルーマンションに行ってくれと話して了解したはずでしたが、町の中心部に着いてからわからなくなったようでした。多くの道が冠水していて、ドライバーは非常に慎重になり、途中で車を止めてしまいました。この道路を真直ぐ100mくらい行けば目的地だから、ここで降りて歩いて行けと。まだ外の空は暗いのに! 町の街灯も少ないし。

乗ったときにはわからなかったのですが、お二人は日本人(女性は西洋人のようですが日本語が上手)だったので、私に協力してくれて粘り強く運転手に交渉して、どうにか目的の建物の前に到着。

ところが歴史的名所の建物のため、正門がピッタリ閉鎖されていてベルもインターフォンもなく、真っ暗で本当に困惑しました。その近くの大きなホテルに運んでもらって、朝まで休憩を頼むことにしようと考えていたら、同乗者の女性がホテル受付嬢に訴えたところ「マレーシアのホテルは夜中に閉鎖することはない」と主張して、ブルーマンションに電話してくれました。その結果、入館できることが確認できたので、再度タクシーに乗って目的ホテルに戻り、ヘッドライトで通用口を照らしながらクラックションを数回鳴らしました。結局、門を開けてくれて、玄関先まで車を寄せることができました。

ここまで付き合ってくれたカップル客(香港在住でペナン島にも何度か来ているとか)にお礼を言って、どうにかチェックインできました。タクシーに乗って約2時間でした。

玄関ロビーです。

受け受けが済んで、でもなかなか部屋に案内してもらえなくて20分くらい待たされました。

部屋は・・ 

ボーイさんの説明では、雨漏りがあって床を拭いていたとのこと。

ようやく安着!

朝明るくなってからのホテルの部屋の風景です。昔の華僑の金持ち邸宅で、観光名所にもなっていて、昼間は観光客が次々に入ってきました。

 

 

私の朝食。

 

シャワーを浴びて、少しベッドで休み、これが遅めの朝食です。ウエイターがサーブする本格的な朝食レストランでした。

部屋に戻ると、

こんなお菓子が、メイドのメッセージを添えてテーブルに置いてありました。

ブルーマンションの外観は、

右手が正門で、この日の早朝は真っ暗で分厚いドアが閉まっていたのです。しかし左手の50mくらい塀に沿っていくと通用口があってそこに警備員詰め所がありました。暗くて最初はわかりませんでした。

その日の昼頃にはほぼ町中道路の冠水は引いていましたが、一部でこんなようにまだ残っていました。(続く)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Star Wars

2017-12-15 | もろもろの事

光か、闇か・・・

「最後のジェダイ」



どうしようかな、迷ってましたが、見てしまった。

フライデーナイトだもん。

面白かった!(╹◡╹)

 

~追記(2017-12-17)~

映画評論家 渡まち子 の解説をリンクしておきます。

http://agora-web.jp/archives/2030094.html

フォースの力に目覚めた孤独な少女レイは、ダース・ベイダーの遺志を継ぐカイロ・レンとの死闘を制し、ついに伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーへとたどり着く。

**



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビドラマ 「ユニバーサル広告社」

2017-10-22 | もろもろの事

台風21号が本土に接近中。東京ではまだ小雨状態ですが、暇なので録画したドラマを見ました。



先月に終了したNHK朝ドラ「ひよっこ」での助演、脇役だった皆さんが、これでもかこれでもかと出演していて、脚本は「ひよっこ」と同じ岡田惠和さん。記憶喪失したみね子の父を演じた沢村一樹さんが主演です。乙女寮舎監の愛子さん(和久井映見)、柏木堂店主(三宅裕司)らが出演しています。

まるでNHK朝ドラのスピンアウトみたいですね。

(画像:http://www.tv-tokyo.co.jp/universal_koukoku/intro/ )

関西では、テレビ大阪で配信するようなので楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加