投げろ!

日本全国の水辺を往く

ロッドケースとひっぷばっく

2017年04月04日 | ツール


先日、東の波が入るタイミングで双進さんとテスト釣行に行ってきました。


波も風も良い感じでしたが結果から言わせて頂くと


The・ボウス!!


私達には全く反応なく他のアングラーさんはキッチリ取ってました


もっと頑張ります!





さてさて、私が沖磯や遠征に持参するロッドケースですが


双進(RBB)さんのRBBロッドケースⅡ L


これを書いているときもカタログを見ながらでないと正式名称が


思い出せないんだから申訳ないです。


で、サイズの方は


160×50×1950mm


と縦が長い!12ft二つ折りロッドまで収納可能です。


そしてプラッギングに持っていく内容は


プラッギング用×2本


ジグ用×1本


ヒラ用×1本


タモの柄×1本


とそこそこ入る。推奨は2~3本と記載されているが


4本は楽に入るしタモの柄の様な突起物がないものなら


さらに追加できるかんじ。


持ちてと肩掛け、上部にループがついているので荷渡し


にも良いですよ。





さてさて、ヒップバックの方はというと、今度新しくなるようなので


実釣での使い勝手を見てきました。


こちらの方は双進さんの方でアップされると思いますので


ご覧ください。


で、ヒラは不発に終わりましたがアッチュウガを引いていたら


ちーーーーーーーーーさいサイズのショゴが出てくれたの


ですが今回は微妙な釣果で終わってしまった…


けど、下りが勢いよく流れていたので今後の青物に期待が膨らむ季節になってきましたよ。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 160~190の木片 | トップ | 朝の風景 »