減塩親父の絵手紙日記

2010年初夏、脳梗塞回復で始まった減塩生活を機に、気まぐれで不定期な絵手紙ブログをスタートしました。

初めての明石、久しぶりの港。

2017年07月17日 | 日記


今日のスケッチ会は明石城。
だが、歩いて10分ほどの明石港へ。
こじんまりとした港には漁船が並び、
探し当てたポイントは
直射日光のカンカン照りだ。
着色は日陰で描いたが、
腕と鼻の頭は真っ赤に日焼け。
ペットボトル3本も汗で吹っ飛んだ。
気温34、5度。
梅雨が明けたんじゃないの?(F8)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今が一番美しい、長谷の棚田。 | トップ | 夏のるり渓。せせらぎの音だ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (裕々)
2017-07-17 21:50:56
猛暑の中、お疲れさまでした。
海面の揺らぎが魅力的ですね。
裕々さん (減塩親父)
2017-07-18 08:33:37
港は特に暑かったようです。
久しぶりの港風景を楽しんで描きました。
でも、バテた。
Unknown (TOSHIE)
2017-07-23 14:14:45
ようこそ、明石へ。
さて、林崎漁港は行かれたでしょうか?
日画のスケッチ本では絵を描いていただきましたが、
次は是非そちらへご案内させていただきます。
TOSHIEさん (減塩親父)
2017-07-24 08:28:37
林崎は行きましたよ。2回ほど。
もう日本海まで行かないと、寂れた漁港はないですね。
そんなのを描きたい。コメントありがとう。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事