減塩親父の絵手紙日記

2010年初夏、脳梗塞回復で始まった減塩生活を機に、気まぐれで不定期な絵手紙ブログをスタートしました。

今なおのどかな里山の町、当麻。

2017年06月20日 | 日記


当麻寺は、7世紀に建立された
聖徳太子ゆかりの古刹。
奈良県北西に位置し、
1000年を超える歴史を持つ。
周辺は、今なお当時の面影を
五感で感じるほどの穏やかさがある。
この絵は、当麻寺を遠景する
田んぼから描いた。
曇りの予報だったが暑い。
ほかの季節も描いてみたい当麻の里だ。
(F8)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石清水八幡宮、初夏の影。 | トップ | 万博公園、小雨のあじさい祭。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。