地域で評判の逸店のお話

地域で評判の逸店のお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代画報 アニメ人間失格、大人気!

2010-01-08 15:22:20 | 日記
今年は太宰治さんが生誕して100周年に当たるのだそうで、太宰治さんの代表作とも呼べる作品である「人間失格」がアニメ映画化され、話題になっているそうですよ!なんでも、人間失格の文庫本のイラストを、人気漫画家である小畑健さんが手がけたのがブームに火をつけたようです。小畑さんといえば、「DEATH NOTE(デスノート)」の作者サンで有名ですよね~!現在東京や大阪で上映中の「人間失格 ディレクターズカット版」は、浅香守生さんが監督され、配給元のハピネットさんは文芸作品の表紙に描かれたイラストが人気になり、アニメの映画が作られるのは珍しいと説明しているそうです。すごいのは、人間失格の文庫本、刊行17年間で約37万部だった発行部数が、わずか2年半で約38万部を記録するベストセラーとなったそうです!もともと人間失格と言えば、地味な古い感じのカバーを思い浮かべちゃいそうですが、新しいカバーの「人間失格」は、現代風なアニメーションでイケ面(?)の男の子が書かれています。もちろん、暗いダークなイメージの部分はそのままに、けれど新しいアプローチは間違いなく買い手の心をつかみそうな感じで描かれていますよ~。新しいカバーになった文庫本の「人間失格」、気になる人はぜひ本屋さんでチェックしてみてくださいね。本を読むのが苦手な方は、この機会に名作「人間失格」を映画で見ちゃうのも手ですよね!この冬休みは、名作鑑賞で〆てみてはいかがでしょうか?!

現代画報で読み解く
国際プレス 国際ジャーナル 国際通信社
報道ニッポンで楽しむ
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
ますだの現代画報
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材?
タレントのインタビュアーって大阪にいますか?
振り込め詐欺など悪徳にお気をつけ下さい!
取材費 商法 民法 取材商法って? 掲載料 無料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 現代画報 2009年を代表す... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。