■オリジナル読み物は「ISSUE」で、ノンフィクション書籍情報は「BOOK WEB」で、ノンフィクション作家情報は「WHO'S WHO」で
オリジナル読み物満載の現代プレミアブログISSUEページへノンフィクション作品ガイド満載の現代プレミアブログBOOK WEBページへノンフィクション作家の情報満載の現代プレミアブログWHO'S WHOページヘ現代プレミアブログCOMMUNICATIONページヘ現代プレミアブログWORK SHOPページヘ
現代ビジネスOPEN!! どりこの探偵局


9月1日 最高裁で完全勝訴確定!
公明党・創価学会を追い込んだ法廷闘争のすべて

『「黒い手帖」 裁判全記録』
矢野絢也著

  好評発売中  講談社 952円(税別)


 読者の皆さんは、いやしくも政権与党である公明党のOB議員や創価学会が、たった一人の人間を社会的に抹殺するために、そこまでやるのかと驚かれるに違いない。
 手帖奪取事件は、はからずも、創価学会という巨大組織の暗部の深さをクローズアップしているとも言える。

―序章より―
 

上の画像をクリックしてください

 

「黒い手帖」裁判の判決文を公開中(PDFファイル)


『「黒い手帖」裁判全記録』 矢野絢也著  好評発売中


矢野絢也(やの・じゅんや)

1932年生まれ。京都大学卒業後、大林組勤務を経て、大阪府議会議員に。67年に公明党から衆議院選に出馬して当選。その直後から86年まで約20年にわたって党書記長を務めた。その後、党委員長、常任顧問を歴任し、93年に政界引退。政治評論家として活動している。近著に『黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録』(講談社)がある




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 森 功著『同和... デス・ゾーン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。