玄文社主人の書斎

玄文社主人日々の雑感もしくは読後ノート

長期入院と幻覚(16)

2016年10月31日 | 日記

 以上長々と書いてきたが、私が手術直後に見た幻覚と夢である。本当はまだまだあって、全部書いておきたいのだが、まとまりがないから読んでも面白くないだろう。少しだけ補足するならば以下のようになる。

「冷凍装置に拘禁」
 新潟県知事選のただ中である。私は6月の段階で新潟県の知事選に関心を持っていたらしい。選挙運動に参加している友人達がいる一方、私は興味はありながらも体が言うことを聞かない。仲間で新潟市に来ているのだが、私はなぜかある韓国人を候補に押している。日本国籍がなければ立候補など出来ないことを知らないのだろうか。
 何らかの結論が出たのかどうか知らないままに、会議が終わり、新潟市から柏崎市に帰ることになり、みんなで集まっていた建物の外に出るが、私は出口にあった冷凍装置に捕捉されてしまう。手足を固定されて十字架のように縦に拘禁されている。誰も私を助けようとしてくれない。

「病室の転移」
 病院内に居酒屋があって、しかもその居酒屋が病院内にありながら県外にもあるという背理に満ちた夢のことを書いたが、これもそれに近い。
 病院は越後湯沢かどこか県内の温泉地にあって、施設はまるでホテルである。私の病室は現在地から飛んでいって、そのホテルの一角に部屋ごと嵌められるのである。外を見ると雪が積もっていて、除雪車が出動している。まだ雪のシーズンには早いのにと思うのだが、ここの方が観光地で病院としても楽しいと思うのだった。
 ただし、ここも同じ病院の敷地内と意識されている。私が入院している病院は市町村の隔たりを乗り越えるくらいに大きいのだ。そのことに何の矛盾も感じないでいる。
 ロビーに行くと、近隣の施設の案内が掲示されている。ロープウエイや公園の案内の中に混じって、エロチックなショーのポスターが張り出されている。しかもそれは旅館の支配人をはじめとする男性だけのショーで、彼等は裸でポスターに写っている。「なかなか進んでいるな。さすが温泉地だな」とわたしは思うのだが、見に行く気は毛頭ないのだった。

 こんなところで、終わりにしよう。書いてしまったら、幻覚や夢の強度がいささか落ちてきたようで、私の中での再現性が薄れてきた。

 

(この項おわり)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長期入院と幻覚(15) | トップ | 日本幻想文学(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。