玄文社主人の書斎

玄文社主人日々の雑感もしくは読後ノート

長期入院と幻覚(6)

2016年10月16日 | 日記

⑤鮮度抜群の居酒屋のつづき
やはり見えている画像がおかしい。仰向けに寝ているのに私の横にではなく、私の上に居酒屋の店内が見えている。しかも普通に眺めるときのように見えているので、「これはおかしいのでは?」という疑問が湧いてくる。
 夢の中での疑問というのは恣意的で、病院の内部に居酒屋があったり、県外にあるのに病院内にあるということに対して疑問は湧かないのに、そんなことには疑問が湧いてくる。これも夢の持つ身勝手さというものであろう。
仰向けになって見えるとすれば、居酒屋の透明な床の地下に入っていなければならない。そうすると客のお尻しか見えないわけで、それでは具合が悪いから画像を90度回転させなければならない。
 で、実際に私は居酒屋の地下に入って画像を回転させて眺めることになるのであった。私はこの回転画像をほかの夢でもう一度見ることになるが、まことに便利なものである。いつでも寝ていられるからである。
 実は夢の中では画像が90度回転するのではない。部屋そのものが90度回転するのである。だからお客は垂直の平面に座っていたり、立っていたりするわけで、完全に重力に逆らっていることになる。しかしそんなことはまったく感じさせないのが夢の夢たる所以であった。
 お客の姿がこうしてよく見えるようになったわけだが、お客は親子であったり、サラリーマン風の集団であったり、様々である。彼等は居酒屋の出す美味しい料理をさも満足そうに食べているのであった。
 しかし、彼等を眺めているうちに何か不自然なものを感じてくる。なぜだろう。彼等が自主的にこの居酒屋に来ているのではなくて、無理やり連れてこられているのではないかという疑念に囚われていくのである。
 よく見ると彼等は仮面を被っていて、それらの仮面はさも典型的なもので、彼等は彼等の出自を偽っているということが次第に明瞭になってくる。親子などではない。サラリーマンなどでもない。彼等はすべて芸人のようなもので、お客を装っていたのである。
 それどころか彼等は料理を食べる振りをしながら、私の方を見ている。ベッドに横たわり、治療のため下半身を露出した状態の私をさも面白そうに眺めているのであった。「このやろう」と思うのだが、私にはどうしてみようもない。私は無力である。
 ベッドに寝たきりで動けない状態は、大きな無力感を生じさせる。拘禁状態に対する悪あがきの夢も私が見た夢の中で重要な位置を占めていたように思う。忘れそうなのでタイトルを付けておこう。
 
1.ベッドに何度も押し込まれる夢
2.両手手袋による拘禁
3.冷凍庫内に拘束

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長期入院と幻覚(5) | トップ | 長期入院と幻覚(7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。