五感のひとり言。  倉敷/gokan/綿シフォン/ガーゼ
大人の女性の五感に優しく語りかける服…  そんなアパレルメーカーのデザインディレクターのひとり言。




今年、倉敷市の繊維産業発展のストーリーが「日本遺産」に認定されました。



≪一輪の綿花から始まる倉敷物語 ~ 和と洋が織りなす繊維のまち ~≫

(ストーリーの概要) 400 年前まで倉敷周辺は一面の海だった。近世からの

干拓は人々の暮らしの場を広げ,そこ で栽培された綿やイ草は足袋や花莚など

の織物生産を支えた。

明治以降,西欧の技術を取り 入れて開花した繊維産業は「和」の伝統と「洋」 の

技術を融合させながら発展を続け,現在, 倉敷は年間出荷額日本一の

「繊維のまち」とな っている。

倉敷では広大な干拓地の富を背景に生まれ た江戸期の白壁商家群の中に,

近代以降,紡 績により町を牽引した人々が建てた洋風建築 が発展のシンボル

として風景にアクセントを 加え,訪れる人々を魅了している。

                       感 謝



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« GW 倉敷美観地区 展示会参加予... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。