JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】タイGDP:農業所得の改善と自粛ムードの緩和で景気拡大

2017-05-17 | 論考

 

 

【論考】タイGDP:農業所得の改善と自粛ムードの緩和で景気拡大

2017年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比3.3%増1と、前期の同3.0%増から上昇したほか、Bloomberg調査の市場予想(同3.1%増)を上回る結果となった。
 
民間消費は前年同期比3.2%増と、前期の同2.5%増から上昇した。所得環境の改善と消費者マインドの回復を背景に自動車や食料・飲料の販売が堅調だった。政府消費は同0.2%増(前期:同1.8%増)と低下した。医療関連支出が増加した前期からの反動で、1-3月期の政府支出は現物社会給付を中心に伸び悩んだ。
 
投資は同1.7%増と、前期の同1.8%増から若干低下した。投資の内訳を見ると、公共投資は同9.7%増(前期:同8.6%増)と、インフラ整備や住宅開発などの政府プロジェクトの進展で堅調だったが、民間投資は同1.1%減(前期:同0.4%減)と、商業施設や工場の建設投資の落ち込みとオフィス設備機器などの設備投資の不調を受けて低迷した。
 
純輸出は、まず輸出が同2.7%増(前期:同1.1%増)と上昇した。うち財貨輸出は同2.6%増(前期:同1.4%増)と上昇した。中東向けの乗用車の輸出が落ち込んだものの、中国向けのゴムの輸出が改善したほか、オーストラリア向けの商用車やベトナム向けのエアコン、電子製品などの工業製品の輸出も拡大した。
 
 


     
ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】少子化対策に欠ける... | TOP | 【論考】トランプ大統領、ロ... »

Related Topics