JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】強まるグローバル化への逆風

2017-05-11 | 論考

 

  

 
【論考】強まるグローバル化への逆風


英国政府は3月29日にEU(欧州連合)に離脱の意思を通知した。2016年6月に行われた国民投票で大方の予想に反してEU離脱派が勝利した後、行方が注目されてきたが、現状とできるだけ近い形での離脱(ソフト・ブレグジット)を目指すといった甘い期待は完全に断ち切られた。メイ首相は「後戻りはできない」と議会で述べたと伝えられており、完全な離脱(ハード・ブレグジット)を目指すことになる。
 
離脱交渉がまとまってもどちらも新たに得るものは無く、EUと英国との交渉は厳しいものになるだろう。EU離脱の可否を問う国民投票で、離脱派が甘い見通しで投票者の判断を誤らせたのは確かだ。しかし困難な先行きが見えてきても離脱を思いとどまるべきだという声は盛り上がらなかった。移民に職を奪われるという恐怖が人々を反グローバル化に向かわせている。
 
一方EUの内部でも、中東やアフリカから流れ込んでくる難民問題への対処に対する不満が高まっている。経済が好調で大きな利益を得ているドイツでさえ、格差の拡大に労働者層の不満が高まっており、9月に予定されている総選挙でメルケル首相が率いる与党が苦戦する恐れも出てきている。
 
 
 
   

 

 

       

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】株高再来は世界経済... | TOP | 【論考】韓国大統領選に勝利... »

Recent Entries | 論考