エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】新政権初の米為替報告書公表~中国への監視継続。対日要求は限定的~

2017年04月19日 | 政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交・国際




新政権初の米為替報告書公表~中国への監視継続。対日要求は限定的~


トランプ政権初の為替報告書が公表された。冒頭、「公平」な通商関係の構築に高い優先度を置く姿勢が改めて示され、通商と為替を同じ議論の土俵に載せようとする政権の姿勢がうかがえる。
 
○ 為替操作国認定の3基準のうち中国は1つの基準しか超過しない状況が続く中、米国財務省は対米貿易赤字の大きさを重視した新基準を加え、中国への監視が続くことになった。
 
○ 対日要求は、金融緩和と財政政策を構造改革によって補完せよというものに留まり、例外的な為替介入を許容する姿勢すら見せた。日本に限れば、今のところ通商と為替は切り離されている。.....
 


 

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】中国経済展望 | TOP | 【論考】中国経済に持ち直し... »

Related Topics