JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】追加利下げの可能性を排除したECB   金融政策「正常化」への最初の小さな一歩

2017-06-13 | 論考

 

     

 
【論考】追加利下げの可能性を排除したECB   金融政策「正常化」への最初の小さな一歩

◆6月8日のECBの金融政策理事会では、政策金利が予想通り据え置かれ、また資産買取プログラムも「少なくとも2017年末まで月額600億ユーロの買取」を継続することが確認され、サプライズはなかった。
 
◆ECBスタッフの経済予想では、GDP成長率は2017年から2019年にかけて0.1%ptずつ上方修正されたのに対し、インフレ率は下方修正され、2017年+1.5%、2018年+1.3%、2019年+1.6%と、ECBが目指す「+2%をやや下回るインフレ率」の達成が確実でないことが示唆された。
 
◆事前に予想されたように、ECBは金融政策のフォワード・ガイダンスにおいて「政策金利は現行水準、またはそれを下回る水準」のうち「それを下回る水準」との表現を削除し、追加利下げの可能性を排除した。ユーロ圏のデフレ懸念がなくなったことをその理由に挙げており、緩和政策の方向転換に向けた最初の一歩である。もっとも、非伝統的な金融緩和政策をどう「正常化」するかはまだECB理事会で議論されていないとされ、またインフレ圧力が高まっていないことも強調された。ECBは緩和政策の修正を慎重に進めると予想される。
 
 
  

    

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】IRRBB、コア預金の最... | TOP | 【論考】幼児教育・保育の現... »

Related Topics