JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】株高再来は世界経済への再評価か?~すそ野が広がりつつある世界経済の拡大~

2017-05-11 | 論考

 

  

 
【論考】株高再来は世界経済への再評価か?~すそ野が広がりつつある世界経済の拡大~


◆IMFは2017年の世界成長率の見通しをわずかではあるが久々に上方修正した。米国に依存してきた世界経済の拡大のすそ野が広がりつつあるという現状の追認であるとまとめられよう。特に、米国景気がマチュアになる中で、循環的にはより若いユーロ圏の景況感が改善していることが重要である。
 
◆4月以降、米国株価が再上昇し、ドルの対円レートも持ち直してきているが、これは「トランプ相場」の再来というよりも、よりバランスのとれた世界経済を市場が改めて評価している結果であると考えられる。もっとも「トランプ相場」の特徴であったリスク・オンの勢いは後退し、新興国の外部環境は若干悪化する可能性がある。
 
 
 
 
 

  

 

 

   

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】「高齢課題先進国」の... | TOP | 【論考】強まるグローバル化... »

Recent Entries | 論考