JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】フランス大統領選: 浮足立つマクロン候補と次を見据えるルペン候補

2017-04-29 | 論考


【論考】浮足立つマクロン候補と次を見据えるルペン候補



◆4月23日に行われたフランス大統領選の第一回投票は、中道派En Marche!のエマニュエル・マクロン候補が得票率24.0%で第一位、反EU、移民排斥を掲げる極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首が同21.3%で第二位となり、決選投票進出を決めた。今回の投票でマクロン候補は866万票を獲得し、ルペン候補の得票数(768万票)に100万票の差を付けている。ただ投票者のほぼ半数が反EUを標榜する候補に投票したことは重要な事実として認識すべきだろう。
 
◆第一回投票後にマクロン候補が、既に大統領就任が決まったかのような演説をし、その後パリの老舗高級レストランでの盛大な祝賀パーティーをしたことに、現地メディアからも手厳しい批判が噴出している。政党として公式オフィスすら持たないマクロン候補が率いるEn Marche!は、草の根ボランティアに支えられている。政党助成金を受け取っているわけではなく、選挙資金も支持者からの寄付金などで賄っている状況での派手なふるまいに、イメージダウンも避けられない。
 
◆EUやドイツをはじめとする加盟国で第一回投票の結果が歓迎されていることには違いないが、投票者の半分近くが反EU・反グローバル化を標榜する候補者に票を投じたことは今後の懸念材料となる。マクロン政権がオランド大統領やサルコジ前大統領の様な国民からの大幅な支持低迷の結末を辿れば、度重なるエリートへの幻滅から2022年の次期大統領選において、反体制を掲げるルペン氏が大統領に選出されるリスクが高まることになろう。
 
 
 
詳細は:大和総研
浮足立つマクロン候補と次を見据えるルペン候補
フランス大統領選決選投票の見通し
ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫


ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】中国経済情報 2017... | TOP | 【論考】フランス:大統領選... »

Recent Entries | 論考