JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】鉱工業生産17年3月~1-3月期はほぼ横ばいだが、基調としては堅調を維持

2017-04-29 | 論考

【論考】鉱工業生産17年3月~1-3月期はほぼ横ばいだが、基調としては堅調を維持



経済産業省が4月28日に公表した鉱工業指数によると、17年3月の鉱工業生産指数は前月比▲2.1%(2月:同3.2%)と2ヵ月ぶりに低下し、事前の市場予想(QUICK集計:前月比▲1.0%、当社予想は同▲1.1%)を下回る結果となった。出荷指数は前月比▲1.1%と2ヵ月ぶりの低下、在庫指数は前月比1.6%と4ヵ月連続の上昇となった。
 
3月の生産を業種別に見ると、好調を続けてきた電子部品・デバイスが前月比▲4.8%と6ヵ月ぶりに低下するなど、速報段階で公表される15業種中11業種が前月比で低下、4業種が上昇した。
 
17年1-3月期の生産は前期比0.1%と4四半期連続で上昇したが、16年10-12月期の同1.8%からは伸びが大きく低下した。業種別には、世界的なITサイクルの改善を受けて電子部品・デバイスが前期比5.8%の高い伸びとなったほか、資本財関連の輸出好調を受けて、はん用・生産用・業務用機械が前期比0.6%と4四半期連続の増産となった。一方、輸送機械は年明け以降の自動車輸出が弱含んでいることもあり、前期比▲1.0%と4四半期ぶりの減産となったほか、情報通信機械は10-12月期の前期比▲4.0%に続き、1-3月期も同▲6.6%の大幅減産となった。.....
 
 


 

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】3月鉱工業生産 | TOP | 【論考】ロシアの“信仰の自由... »

Related Topics