JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

再読・話題のBOOKS 5/11-3

2017-05-11 | 気になるBOOKS

 

日中韓2000年の真実
拳骨 拓史 (著)
出版社: 扶桑社


今の日本は、歴史を毀され、消されつつある。そして日本は衰退し、消滅していく状況に追い込まれている。だが、私たちができる対抗策が一つだけある。それは、他国の言いなりにならない“真実の歴史”を知ることだ。歴史とは、今起きていることの積み重ねである。真実の歴史を知ることは、今の時代に、先人たちの思いを蘇らせることになる。先人との記憶をたぐる道が「歴史」なのであり、祖先の思いを引き継ぐ羅針盤なのである。中国や韓国との関係が不透明になりつつある今こそ、日本の真の姿を蘇らせなければならない。 

 

 

在日の涙――間違いだらけの日韓関係 
辺真一 (著)
出版社: 飛鳥新社


なぜ、両国関係のこれほどの悪化を止められなかったのか。韓国人の誤りを正し、日本人の誤解を解くために、これまで封印してきた祖国への本音を語ります!

 

 

総理
山口敬之 (著)
出版社: 幻冬舎


最悪の形で総理を辞任した安倍晋三は、5年後再び政権に返り咲き、強力なリーダーシップを発揮する。この間、決断はどう下されてきたか。政治の重要な局面で、安倍、麻生、菅は何を発言し、どのような行動をとったか。誰よりも政権中枢を取材してきたジャーナリストが、政治家の肉声から浮き彫りにする、官邸も騒然の内幕実名ノンフィクション。

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再読・話題のBOOKS 5/11-2 | TOP | 【論考】シムズ理論とベーシ... »

Related Topics