JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】保険金詐欺の発生状況-日本と比べて、欧米では保険金詐欺はどうなっているか?

2017-06-15 | 論考

 

     

 
【論考】保険金詐欺の発生状況-日本と比べて、欧米では保険金詐欺はどうなっているか?

保険にはモラルハザードがつきものである。保険の契約者や受取人による保険金詐欺は、古くから問題とされてきた。今日、保険会社は、約款の中に、詐欺による無効の規定を置いて、保険金詐取を抑止している。併せて、保険業界は、保険金詐欺が刑事罰に該当する重罪であることを社会に周知させて、その根絶に向けた取り組みを進めている。
 
欧米でも、保険金詐欺は、問題となっている。本稿では、諸資料をもとに、日本と欧米の保険金詐欺について概観するとともに、今後の対処法等について、考察することとしたい。
 
2――保険金詐欺の類型化
3――各国の保険金詐欺
  1|日本は保険金詐欺は大きな社会問題にまでは至っていない
  2|アメリカは支払保険の10%が保険金詐欺
  3|イギリスは保険金詐欺により、1世帯あたり
    年間50ポンド(約7,000円)の保険料負担増
  4|フランスは保険金詐欺により、年間25億ユーロ (約3,000億円) を支払い
  5|ドイツは保険金詐欺により、年間40億ユーロ (約4,800億円) 超を支払い
4――今後の保険金詐欺への対処
  1|定性的アプローチはソーシャルメディアとの親和性が高い
  2|定量的アプローチは、人工知能を活用する
 
 
 
  

    

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】多死社会の“QOD”-幸... | TOP | 【論考】労働規制の緩和が急... »

Related Topics